犬を飼う上で必要なもの―③愛情

494443057_7dc09e3007

by:mikelens

犬との生活で必要なもの

③愛情

犬にとって愛情とは?

じつは、これが非常に難しいんです。

なぜなら、愛情の感じ方や考え方が、

人によって違うからです。

ですがドッグトレーナーの観点から見て、

・怖がっている犬を、可愛そうだと思って抱き上げること

・要求吠えをしている犬に対し、「寂しいのね」とおやつをあげること

・人のご飯をじっと見ているからといって、どんどんおやつやごはんをあげてしまうこと

・ご飯を食べないからと言って、フードを何度も変えてしまうこと

などは、はっきり言って、犬のためにはなりません。

あくまで例として出しましたが、

書ききれないくらい、愛情と甘やかす、ことの違いを、

区別できていない方が多くいます。

別に甘やかしてもいいのも知れませんが、

結果的に犬のためにならないのであれば、

その愛情は間違った愛情のかけ方です。

それよりも、満足できるように、散歩に出て運動し、

色々な匂いを嗅がせてあげたり、飼い主さんと遊んだり、

しっかりとしたルールを作り、犬の身の安全を確保し、

周りの人や犬にも迷惑をかけないようにすることの方が、

重要です。

それらをせずに、愛情だけをかけ続ければ、

太ったり、人や犬に対して吠え続けたり、

気に入らないことがあれば噛みつき、

自分の好き勝手に、マーキングする。

そんな犬になってしまいます。

犬を飼うには、愛情だけでは飼えません。

しかし、愛情もなければ、犬を飼うことも出来ません。

犬のためには何が必要で、何が不必要なのか?

どんなときに、褒めるべきなのか?

怖がったら、どんなときにフォローしてあげれば良いのか?

それらを知り、実践しなくてはなりません。

「こんなときはどうしたら良いの?」

と悩んだときは、近くのドッグトレーナーに

聞いてみてください。

きっと、正しい答えを教えてくれますよ☆

運動

ルール

お金

あなた自身の健康