犬を飼う上で必要なもの―②ルール

m10312008134646

by:Photonoob.net

①の運動に引き続き、重要なのが『ルール』です。

しつけやトレーニングと言い換えても良いかもしれません。

なぜ、ルールが重要なのか?

それをご説明します。

 

人の社会にもルールがあるように、犬社会にもルールがあります。

仲が良いからと言って、他の犬を強く噛めば、ケンカになります。

また、人の社会に暮らすことになるので、そのルールも教えなければなりません。

 

・テーブルの脚やカーテンを好き勝手に噛んではいけない事。

(犬なので噛むのは当たり前ですが、良いものと悪いものがあることを理解させているか?)

・つまらないから、怖いからと言って、吠え続けないこと。

(犬なので吠えるのは当たり前ですが、「人が止めて」と言ったら静かになれるか?)

・散歩中、グイグイ引っ張ってしまわないこと。

(人より歩くペースが早いので、前に進んでしまうのは仕方ありませんが、

曲がり角でもそれでは事故が起きてしまいます。)

などがあります。

 

その他にも、むやみやたらと飛びつかないこと、

「おいで」と言ったら側までくること、

人に触られても、なんでもない事だと理解すること、

など様々なルールがあります。

 

もちろん、家によってはさらに細かくルールが分かれています。

人のベッドは乗ってもいいけど、ソファーはダメ、とか、

テーブルの上に置いてある人のご飯は、食べてはいけない、など。

 

それらのルールを守らせたかったら、しっかりとルールを作った後、

それを守れるように人が環境を整えてあげる必要があります。

テーブルの上のご飯を食べて欲しくなければ、犬をフリーにしたまま離れない、とか、

家の中で吠えて欲しくないなら、しっかりと運動できるよう、散歩するとか、

引っ張って欲しくないなら、しっかりとアイコンタクトとれるようにトレーニングをする、

などがあります。

 

そして、そのルールを決めたなら、それを簡単に曲げないことが重要です。

要求吠えをしている犬に対して、「静かにさせよう。」とおやつをあげたら、

「吠えればおやつがもらえる!」と思う犬になってしまいます。

 

引っ張る犬に合わせて早足になれば、「引っ張れば行きたい方向へ行ける!」と学習し、

あなたのペースで歩くことは出来なくなるでしょう。

 

曲げずにどうにかその行動が定着してきたら、

さらにいつでも出来るようにトレーニングし続けることが大切です。

「もう覚えたんだから、良いじゃないか。」と思われるかもしれませんが、

本当にそうでしょうか?

 

例えばあなたが学生時代に必死になって覚えた、数式や漢字を、

今でもスラスラ解けたり書いたりすることは出来ますか?

(ちなみに、小川は全く分からないものがあります・・・。)

因数分解?山のふもと?

どうですか?

覚えていますか?

 

「とっさに今やれ!」と言われても覚えていません。

覚えていても、解けるまで時間がかかるかも知れません。

犬も同じです。

 

毎日行っていることなら、スムーズに出来ますが、

5年後、「10m先のボールを咥えて、この箱に入れなさい。」と

急に指示を出しても上手く行かないと思います。

 

ルールを作り、

ルールを守れるように気を使い、

トレーニングし、行動を定着させ、

それを忘れないよう、トレーニングし続ける。

これが非常に大事なのです。

 

 

運動

愛情

お金

あなた自身の健康