飼い主様にもらったいんげん

本日は、初回限定セットのお試しレッスンをさせて頂いた後、飼い主様のお母様から、美味しいさやいんげんを頂きました♪

家庭菜園で作り、しかも朝採れとのことで、新鮮で美味しかったです!

おすすめ通り、マヨネーズと唐辛子を混ぜたものをディップして頂きました☆

 

今日は、人が苦手で吠えてしまう犬について、どう落ち着かせてあげれば良いのか?をお伝えしたいと思います。

 

人が苦手で吠えてしまう犬は、多くが怖くて、知らない人が入ってくることが嫌で、吠えてしまいます。

知らない人が怖いなら、怖くならないようにすれば良いんです!

 

と、言葉にすれば簡単に見えますよね。

でも、現実はそう簡単にいきません。

怖いイメージがついてしまったものを、良いイメージに変えるためには、時間と労力がかなり必要だと思います。

良いイメージに変えることと平行して、家の中で落ち着く方法を作っていくことも重要だと思います。

 

知らない人に吠えてしまう犬の多くが、お家の中で自由に過ごしていることがあります。

お家の中で自由に過ごすこと自体に、悪いとか良いとかはありません。

しかし、犬の心理的に広すぎる空間は、落ち着かないというのが、本音かと思います。

もちろん、広い空間で走り回るのは、多くの犬が好きかと思いますが、それが自分の家だとそうはいきません。

 

あなたがもし、体育館のような広い空間に案内され、「この部屋で寛いで下さい♪」と言われたら、どう感じますか?

ちょっと、いやかなり落ち着かないと思います。

だって広すぎませんか?!

 

そうなると、落ち着かずソワソワしてしまいます。

そんな心理状況で知らない人が来たら、そりゃ吠えることもあるかと思います。

だって、知らない人が苦手で、落ち着けるような空間じゃないんですから・・・。

 

そんなことをお伝えしていたら、「あなた、そんなに繊細だったの?」とお母様が犬に対して、優しく語り掛けてくれました♪

本当に穏やかで優しいお母様。

その犬がママさんより頼りにしているのが分かります☆

 

そう!

犬は繊細なんです!

知らない人に、そんなに悪いイメージを持っていなくても、勝手にイメージが定着してしまうこともあります。

 

小川がゴキブリが苦手なことを例にして出すと・・・。

正直なことを言ってしまえば、ゴキブリにとんでもない悪さをされたことはありません。

しかし、何故か苦手なのです。

もしかしたら、自分の母親が苦手だったのか?

よく覚えていません。

でも、苦手なものは苦手なんです!

 

その犬もそうだと思います。

知らない人に対して特に、良いことも悪いこともなかった。

しかし、警戒心が大きく育つ時期になり、知らず知らずのうちに、知らない人が苦手になってしまった。

 

これは知らない人に社会化されなかったということになります。

小川は、ゴキブリに社会化されなかったということになります。

※社会化とは、知らないものなどに慣れることを言います。

 

ですが、生物として、よく知らないものに警戒心を抱くのは当たり前のことです。

そうしないと、自分の命が危険にさらされてしまうからです。

だから、子犬の頃の社会化はとても、とても、とても重要なのです。

 

またまた、そんなことをお伝えすると、「あなたって、そんなに繊細なのね~。」とお母様。

それだけ知らない人に対する接し方が、その犬は違うのだと思います。

犬の新たな一面をお伝えでき、一ドッグトレーナーとして嬉しく思います。

 

これからも、犬の新たな一面をお伝えできるよう、頑張ります!

 

P.S

さやいんげん、本当にありがとうございました!

美味しく全部頂きました♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message