フレンチブルドッグRくんピンポン吠え

今日は戸田市でドッグトレーニングに行ってきました♪

さて、写真のRくん、人が怖くて、よく吠えてしまうというお悩み。

ピンポン(チャイム)でも吠えていました。

また散歩中、一緒に散歩するAちゃんやIちゃんが、人に撫でられていると、吠えながら向かってしまうとのこと。

 

本日お邪魔したときに、都合よくピンポンが2回鳴り、実際の様子を見ることが出来ました。

はて?

始めは勢いよく吠えていましたが、小川がおやつを与えたり、ちょっと遊んだりすると、

玄関の方向を見ることなく、付き合ってくれました。

 

そして、ボディランゲージも緊張した様子なし。

写真を見ると、首の後ろのお肉(?!)がタルタルのため、盛り上がっていますが、毛が逆立っている様子はありません。

(この写真は、ピンポンに対応しているお姉さんの方向を見ていましたが、おやつを取り出すと、

「何々???」とこちらに突進してくる直前の写真です。)

 

怖ければ、こんなリラックスした様子は見られないと思います。

全身に緊張が走るので、もっと四肢を開いたり、吠え続けるかと思います。

ですが好きとはいえ、おやつを取り出しただけで、こちらに集中してくれました。

もしかしたら、人が怖いわけじゃないかも・・・?

と感じましたが、もっと細かく話を聞いて見ました。

 

お散歩しながら、話を聞いてみると、いつも一緒にお散歩している犬が撫でられていると、吠えて近づこうとするということ、

その鳴き声も、甘えたような「クゥ~ン」と鳴くこともあるということ、などを統合すると、

逆に人が好きすぎるのかも?とお話しました。

 

もし怖いようなら、近づかないよう、遠ざかろうとすることが多く見られます。

「そっちは嫌だよ~!」と、足に力を入れ、後ろに下がろうとする可能性があります。

今日のお散歩中には、その様子は見られませんでしたが、予想が正しければ、

トレーニングの方向性がガラリと変わります。

 

つまり、怖いものに慣れさせるトレーニングではなく、正しい挨拶の仕方を学ぶ、ということに切り替える必要があります。

今日で2回目のトレーニングなので、まだまだ修正は効きますが、早ければ早いほど、上手くいき易くなります。

室内でのトレーニングに加え、人に対する挨拶の仕方を学べるよう、外でのトレーニングを増やしたり、

もしくは、室内のトレーニングそっちのけで、外でのトレーニングを重要視しても良いかも知れません。

 

次回、小川の考えや犬たちの行動などをお伝えし、トレーニングプランを練り直そうと思います。

Aさん、次回もよろしくお願いいたします(^^)

 

P.S

いつもおうちでまったりしすぎて、申し訳ありません・・・。

おかげで、ほとんど雨に濡れず、帰ることが出来ました☆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message