Tくん緊張

先日の火曜日は、越谷市のミニチュアシュナウザーTくんのトレーニングに行ってきました。

 

↑の写真を見ると良く分かるのですが、Tくんは人間からしてみると、些細なことで興奮してしまいます。

この場面でも、視界に自転車や子供などが視界に入り、緊張(興奮)してしまいます。

 

そんなとき、そのまま歩き続けてしまうと、さらに緊張してしまうので、1度歩いているのを止めます。

そうすると、それ以上近づくことは出来なくなり、Tくんも少しずつ落ち着きを取り戻します。

 

もちろん、その対象物がこちらに近づいてくると緊張してしまいますが、そのためのトレーニングは何度も行っていて、

自転車や子供、歩行者、トラックなどが連続で来なければ、ママさんもTくんも落ち着いて対処することが出来ます。

 

今回は、緊張してもそれ以上緊張しないように、1度止まることを習慣にしてもらいます。

その上で、お家で練習し始めたアイコンタクトがお外でもスムーズに出来るようにしていきます。

 

↓はアイコンタクトの練習↓

Tくんアイコンタクト①Tくんアイコンタクト②

お家の中では、こんなことも!↓

Tくんついて

ママさんの横にしっかりとお座りすることができます!

「なんでそれが外でも出来ないのかしらね~」と話していた、ママさん。

それには犬なりの深い事情があるのです・・・。

 

次回、『般化』について、お伝えします♪

お楽しみに!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message