フレンチブルドッグ

昨日は、ハウストレーニングの動画を、お伝えしました。

しかし、ハウストレーニングの重要性については伝えていなかったので、お伝えします。

長くなりますので、お休みの日に、じっくり読んで見て下さい。

 

 

 

 

 

まず、ハウストレーニングのメリットです。

安全である。

これは、地震などがあった際、犬がクレートに入っていれば、上から物が落ちても、ある程度犬の身を守ってくれます。

また、車に一緒に乗っていても、クレートに入っていれば、急ブレーキや急ハンドルなどの操作を行ってしまっても、犬は怪我を負わずにすみます。

(もちろん、クレートは固定します。)

家の中を自由に過ごす犬が、よく家具を壊してしまったり、何かを飲み込んでしまうことも、防ぐことが出来ます。

 

安心できる。

急な用事で、ペットホテルに預ける、となった場合、予めクレートに慣れていないと、クレートの中でストレスを溜め込んでしまいます。

また、安全だと認識出来ていれば、犬も自然とクレートの中で落ち着くことが出来ます。

そんな様子を見ていれば、人も「あんな小さな所に閉じ込められて、ゴメンね・・・。」などとストレスを溜めずに済みます。

 

クレートに出入り口は一ヶ所なので、苦手なものが近づいてきたら、その中に隠れてしまえば、安心です。

唯一の出入り口を警戒すれば良いので、不安になりにくくなります。

 

犬の行動を管理しやすい。

以前の記事で、トイレトレーニングについて書きましたが、そういった犬の行動を、管理しやすくなります。

トイレを成功に導く鍵は、環境をいかに整え、正しい場所で出来たら誉めることが出来るか、どうかです。

その環境を整えるという意味では、トイレトレーニングでも有効に作用します。

 

また、よく吠えてしまう犬にとっても、落ち着く場所を提供することで、「この中でゆっくり過ごせば良いんだ♪」と分かり、吠えることをコントロールしやすくなります。

怖くて吠えているなら、自由に動けてしまうと、余計興奮してしまったり、見知らぬ人が不意に動いた際、噛んでしまうかも知れません。

そうならないよう、行動を制限し、なおかつ安全な落ち着ける空間を用意するのです。

 

また、要求吠えでも、その行動をエスカレートしにくくなると思います。

吠えていたのが、サークルだと飛び上がってしまったり、よじ登ろうとしたり、元気が良すぎれば、飛び出してしまう可能性もあります。

クレートに入っていれば、飛び上がれず、よじ登れず、飛び出すことが出来ません。

犬がその中にいると分かっていれば、吠えずに静かに過ごしているときに、おやつをそっと投げ入れてあげれば良いのです。

 

 

ですが、ハウストレーニングのデメリットもあります。

お金がかかる。

クレートを買えば、その分お金がかかります。

しかし、興奮しやすい犬が、足元をチョロチョロと動き回っていたらどうでしょうか?

犬を踏んでしまったら、怪我をしてしまい、治療費にお金がかかります。

 

あなた自身が転んで怪我をしてしまえば、治療費やペットシッター代などがかかることになります。

この考えで行くと、お金がかかるというデメリットはなくなります。

 

場所をとる。

これは否定しようのない事実です。

大型犬だったら、もう、1部屋を犬の専用のスペースにした方が良いんじゃないのか?と思えてしまいます。

そのくらい大きいです。

一番大きなサイズでしたら、小川は楽に入れます☆

 

ですが、最近気づいたメリットもあります。

頑丈だという利点を生かし、その上に物を置くことが出来ます。

しかし、安全という観点で言うと、オススメしないので、何も置かないことを推奨します。

小型犬だとクレートを重ねている方もいますが、上の犬が暴れたりすると、クレート毎落ちてしまう可能性は否定出来ないので、やはりオススメしません。

 

ですが、犬を飼う以上、サークルを用意したりすれば、同じかそれ以上のスペースを必要とします。

ですから、はじめのうちは大きくて邪魔だなと思うかも知れませんが、サークルなどに比べれば、持ち運びできたり、車に積むことも出来るので、その部分のメリットがあります。

 

汚れる。

抜け毛がついたり、匂いがついたり、汚れがクレートの中につきます。

しかしこれも、サークル使っても、家の中で自由にさせていても、同じです。

多くの犬は毛が抜け、匂いがしますし、人だって家の中を汚します。

正直、犬を飼っていない小川の部屋の方が汚いかも知れません・・・。

 

飼い主さんの中には、匂いに気をつけている方は、消臭剤やフレグランス。空気清浄機を使ったりしています。

抜け毛も掃除機をこまめにかけたり、汚れも掃除をするしかありません。

犬を飼う以上、それは覚悟の上かと思うので、改めて言いませんが、それが犬ってもんです。

 

ですが、それが近隣の方の迷惑や、苦情の対象になるようでは、飼い主であるあなたも、楽しくありません。

「あぁ、犬を飼わなければ良かった・・・。」

とは、1ドッグトレーナーとして思って欲しくありません。

ですから、それらの問題を解決できるよう、僕らが存在します。

飼い主さんのためであり、犬のためであり、地域で暮らす方のために、ドッグトレーナーを利用して下さい。

 

ちなみに、ハウストレーニングは、結構簡単です♪

入ったら、誉める。

入り続けていたら、誉める。

これを何度も繰り返せば、自然と犬はクレートに慣れ、クレートで過ごすことを覚えていきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message