大あくび

さて、前回、歯周病の怖さを書いてしまいましたが、毎日歯磨きしてしまえば、そこまで恐れることはありません!

ですので、犬の歯磨きの仕方をお伝えします!

 

①まず、口周り(口の中も)を触られるのに、慣れさせる。

②ガーゼを使って磨く。

③歯ブラシを使って磨く。

これだけです!

 

ですが、これが結構大変なんです!

犬は自分の武器である牙(口)を抑えられるのが好きではありません。

ですから、口周りを触られても、怖がったり、嫌がらないよう、トレーニングしなければ、人も安心して歯磨き出来ません。

 

まず①として、犬の顔や口周りを触るトレーニングをしていきます。

・犬の鼻先を触ったら、おやつをあげる。

・犬の鼻先を手で包んだら、おやつをあげる。

・犬の鼻先を手で包んで上下に動かして、おやつをあげる。

・犬の鼻先を手で包んで左右に動かして、おやつをあげる。

・犬の鼻先を手で包んで一周動かして、おやつをあげる。

・犬の口をめくって、おやつをあげる。

・犬の歯茎を触って、おやつをあげる。

・犬の歯茎をさすって、おやつをあげる。

・犬の歯を触って、おやつをあげる。

・犬の歯をこすって、おやつをあげる。

 

どうですか?!

面倒ですね!

時間がかかりますね!!!

だから、犬の歯磨き、多くの方がしないんです!

というか、犬が嫌がって暴れるから、出来ないんです。

ですが、安心してください。

あなたの近くのドッグトレーナーは、犬に優しく、あなたにも優しく、お口周りを触るトレーニングを教えてくれます!

今すぐ、近くのトレーナーさんに連絡してください♪

 

話が少し反れましたね・・・。

②次はガーゼを使って、歯を磨いていきます。

指にクルクルと巻いたガーゼを使い、犬の歯や歯茎をマッサージするように、優しく磨きます。

犬の歯は、思っているほど、丈夫ではありません。

マッサージする気持ちで、始めてみてください♪

強くすれば犬もそれだけ嫌がりますしね。

 

ここでも大事なのは、焦らないこと。

犬の気持ちを理解して、嫌がるようなら、短い時間から始めたり、中止してあげてください。

「最後にもう一回!」と嫌がってるときに行うと、それが本当に最後の1回になってしまうので、きっぱりと諦め、次回にのんびりした気持ちで、行ってみてください。

 

小川は子供の頃(小学校に上がる前)、夕食後、母親に歯磨きの最終チェックをされていました。

それが嫌で嫌で、仕方なかったです!

だって、痛いし、苦しいし、楽しくないんですもん!

それと同じことを犬にもさせていると考えると、優しくなれます♪

あなたも、気持ちにゆとりを持って、歯磨きをしてあげてくださいね。

 

長くなってしまったので、③の歯ブラシを使った、マウスケアの方法は、次回に、お伝えします!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message