Tくん吠えずにお散歩

先日、ミニチュアシュナウザーのTくんのママさんから、貴重なご意見を頂きました♪

 

Tくんは、自転車だけでなく、子供、車、工事の音、などに吠えてしまう犬でした。

怖いから吠えてしまっていた場合もあれば、「僕もそこで遊びたいよ~!」という感じで吠えてしまうこともありました。

ですが、元気いっぱいで素直そうな犬で、始めてあった小川に対してすぐに甘える様子があり、実はそれほど心配していませんでした。

 

ですが、今でも忘れません。

初めてお会いし、カウンセリングでママさんの話を聞き、

「たくさん頑張ったんだなぁ。これから、楽しく過ごして欲しいなぁ♪」

と強く思いました。

それはTくんに対してでもありましたが、ママさんに対してでもありました。

 

何故なら、「今までのトレーニングは厳しすぎて、トレーナーさんに『あなたがそんなんだから、この犬はそうなるんですよ!もっと厳しくしてください!』って言われて・・・。

なんでこの子に、そんなふうにしなきゃいけないんだろう?って、自信が全く持てなかったんです・・・。」

と涙を流されたのです。

 

「Tくんは素直で良い子だし、ママさんもTくんのことが大好きだけど、このままだとママさんは、自分自身のことが好きじゃなくなってしまう。」と感じました。

 

本来のママさんは、しっかり物で真面目で、真剣にTくんのことを考えていて、「この子のこんな仕草が可愛くて~♪」と笑顔が素敵な、とってもおおらかで楽しいママさんです♪

そんなママさんが辛そうに、今までのことを話してくださったとき、改めて感じました。

 

 

犬のトレーニングを通じて、人も犬も健康でいて欲しい!と。

介護の仕事をしてきた小川は、開業当初からそんなことを考えていました。

 

しかし、飼い主さん自身が、自分に自信を持てないトレーニングは、そんな考えとは真逆です。

トレーニングをする度、ママさんは辛い思いをしてきたからです。

 

辛い思いをしていたら、ストレスがかかります。

ストレスがかかれば、気分が落ち込み、疲れやすくなったり、下手をすると病気になってしまうかもしれません。

それは健康ではないですよね?

 

そんなママさんが、小川に頼ってくれたことは素直に嬉しかったですし、「こんなに自分の犬に対して真剣な人がトレーニングをして、上手くいかないはずがない!」

と密かに思っていました。

 

8回のトレーニングでは、まだちょっと自信が持てていなかったママさんでしたが、このご意見を頂戴したとき、嬉しそうに話してくれました。

「この間自転車に対して、私と二人だけでいたとき、初めて吠えなかったんです!

それに、旦那をお見送りしているとき、隣のお家の人が見えるといつも吠えていたのに、「ウ~。」って唸るだけで留まったんです!

もう、小川先生に報告しなきゃと思って!」と。

 

小川はその場で、ママさんの前だというのに、「よし!」とガッツポーズをしてしまいました!(笑)

 

ママさんも嬉しかったと思いますが、小川はそれ以上に嬉しかったです。

正直、Tくんが吠えなかったことも嬉しかったですが、そこまでママさんが頑張り続け、自信を持ってくれたことが本当に嬉しかったです。

 

楽しい旅行にまた行かれたり、Tくんの可愛い仕草、頑張っていることなどがあったら、これからもまた教えて下さいね!

 

一緒にレッスン8回コース、お疲れ様でした♪

Message