抱っこされたダックスフント

昨日の熊本の地震のせいか、検索回数がかなり多いブログ記事があった。

地震の際、犬をどうやって落ち着かせるか?を書いた記事にアクセスが集中していたので、それをさらに深めた記事を書きたいと思います。

 

地震の時、あなたなら、どうやって犬を落ち着かせますか?

 

答えは1つではないと思います。

各家庭によって、間取りも、持っている道具も、生活スタイルも違うからです。

 

それに、犬の性格や日々の過ごし方によっても、答えが変わってくると思います。

声をかけて安心させる、クレートに入れる、テーブルの下に伏せさせる、リードやハーネスをつける、など、効果が見られるものと、見られないものがあるかと思います。

 

安全だと思っていたクレートにいれたら、さらに興奮して吠え立てた。

リードをつけようと首輪に手をかけたら、ものすごい勢いで噛んできた。

声をかけようとしたら、パニックになった犬に突進され、転倒してしまった。

などが考えられます。

 

つまり、犬を落ち着かせる方法は、色々あります。

いつものことをすれば良いんです。

安全で、安心できる、いつものことを。

心穏やかなになれる空間に行ったり、そこで過ごせば良いのです。

ようは、人と一緒です。

 

ですが、これにはある問題点があります。

 

それは、時間がかかるということです。

いくら的確なトレーニングをしていても、たくさん誉めても、安心出来るよう促しても、

『それが当たり前』でない限り、意味はありません。

 

当たり前にするには、絶対時間がかかります。

急に理解したものが、身につくのは、相当なインパクトがあった場合です。

 

少しずつ、少しずつ、犬に身につけさせるのです。

「私が○○って言ったら、△△するんだよ。」と。

それがどんな状況でも出来るようになって初めて、犬を落ち着かせることが出来るのです。

 

当たり前に出来るようになって、初めてあなたも安心できます。

「あぁ、この子が穏やかになった。」と。

そして、気持ちにゆとりを持つことができ、的確に行動することが出来るのです。

 

犬を落ち着かせることが、あなた自身を落ち着かせることにつながるのです。

それは犬の命だけでなく、あなたの命を守ることにもつながります。

 

ここで、今日のタイトルに戻ります。

あなたは「何のために、ドッグトレーニングをしますか?」

 

ご近所に白い目で見られないため?

周りに迷惑をかけないため?

犬友達と仲良くするため?

そのどれもが正解かと思います。

 

しかし、もう1つ選択肢を持って欲しいのです。

『犬の命を守るため』と。

 

何事もなく毎日を過ごしていると、あまりそんな風に思うことは少ないかもしれませんが、それでも急に不幸はやってきます。

自分ではどうしようもないことが起きるかも知れません。

そんなとき、後悔して欲しくないのです。

「あぁ、あの時トレーニングをしっかりしておけば・・・。」と。

 

あなたは、何のためにドッグトレーニングしますか?

そして、それはいつからするのですか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message