椅子に座る犬

by:ryantron.

 

今日は暖かくなるようですね。

でも、花粉が飛ぶので、花粉症の方は、要注意です!

 

さて、昨日お客様の声を、追加いたしました。

(お客様の声はコチラ

その中で、家具を壊してしまうという話題があったので、それについて書いていきます。

 

何故犬は、家具を咬むのでしょうか?

答えは簡単。

「他にすることがなく、つまらないからです。」

 

なぜつまらなくなるのでしょう?

・十分な散歩をされていないから。

・留守番時間が長すぎるから。

・他に暇つぶしできるものがないから。

などです。

 

家具を噛むことが出来なければ、ハウスを齧ったり、吠えたり、飛び上がったり、ウロウロしたり、執拗に自身の毛を舐め続けたり。

別の行動が引き出されてきます。

では、それらの行動は、そのままで良いのでしょうか?

 

疲れて寝ているだけなら、そのままそっとしておく方が良いでしょう。

吠え続けているなら、人や周りの方が我慢すれば、そのうち諦めるでしょうか?

飛び上がり続けて、体に負担はかからないでしょうか?

家具を噛み続けて、家の中の生活が、脅かされないでしょうか?

 

犬の問題行動と言われているものは、予防することが出来ます。

吠えないよう、運動を毎日する。

他に噛むものを見つけないよう、ハウスの中で、噛む玩具を与える。

人に飛び掛るなら、人と挨拶する時は、伏せて待つよう、指示を出す。

など、叱る必要がないことばかりです。

 

ですが、犬の中で、

「これ、噛むと落ち着くなぁ。」

「吠えたら、パパが来てくれたよ!じゃあ、もっと吠えちゃおうかな?」

「飛びつくと、何か話してくれる♪この人も、楽しいんだ!」

と学習してしまうと、落ち着くため、楽しんで欲しくて、余計にその行動を行ってしまいます。

 

そこから治すのは、ちょっと時間がかかるい場合もあります。

なぜなら、今までと真逆のことを伝えるわけですから。

 

ですから、家具を噛んで欲しくなかったら、ハウスの中でゆっくり過ごしてもらうよう、しつけましょう。

ゆっくりと落ち着いて過ごせるよう、運動をたくさんしましょう。

暇つぶしができるように、噛む玩具を与えましょう。

家具を万が一噛んでしまったら、気をそらすように、自分の近くに呼び戻しましょう。

 

貴方の犬は、家具を噛みたくて、噛み始めたわけではありません。

噛んでみたら、自分が落ち着いたり、人がかまってくれたり、暇つぶしができたから、習慣として、それを続けてしまうのです。

家具を壊されなれないように、貴方には何が出来ますか?

しつけ?

環境を整えること?

叱ること?

別の行動をしたら、誉めること?

 

なんでも、良いです。

漫然と家具を噛み続けていても、犬の家具を噛む癖は治りません。

というか、悪化していきます。

今すぐあなたが出来ることを考えてください。

家具があるうちに、生活が出来るうちに、犬に人間社会のルールを伝えてあげましょう。

それが出来るのは、貴方だけです。

 

そして、その手伝いが出来るのは、出張ドッグトレーナーである、HundMondです。

今すぐ、電話を下さい。

家具を噛んで困ってしまう、その行動、しっかり治して、犬との関係を取り戻しましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HundMond(フントモント)
小川 竜太郎
E-Mail:info@hundmond.com
携帯電話:090-1791-1154
FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message