Pくん吠え

雨です!

寒いです!

ですが、花粉が飛ばないので、個人的には、恵みの雨です・・・。

 

今日は、川口市で、トレーニングに行って来ました。

写真に出ているPくん。

よく吠えています・・・。

クレートに入るだけなら、中で待つことが出来るのですが、扉を閉めると、パパのところへ行きたかったり、遊んで欲しかったりして、吠えてしまいます。

 

パパに声をかけてもらいたいというのが分かる一幕がコチラ↓

Pくん吠え②

上の写真の、次の一瞬です。

吠えて、チラッ♪

 

可愛いですが、完全に要求吠えですね・・・。

昼間なら、まだ完全に無視することが出来ますし、お仕事に出てしまえば、Pくんも諦められるかもしれません。

しかし、以前のカウンセリングでは、留守番中にも吠えていたとの情報から、ケージの中では落ち着かない可能性があると考え、パパさんにはクレートを用意していただきました。

 

一人でも安全だと認識でき、ゆっくり落ち着けるスペースを確保することにより、吠えを軽減するのが目的です。

少しの物音でも過敏に反応してしまう原因としては、社会化不足や運動不足、吠えればパパが来てくれるという、イメージを持っていることが原因かと思います。

ですが、ここでまた問題が!

同居犬のMくんの方が、別々に入ると、吠えてしまうという事態に!!!

 

いつも仲良く一緒に寝ていたためか、別々のクレートに入れようとすると、Mくんが一緒に入ろうとするとのこと。

仲良しなのはとっても良い事ですが、今後入院したり、ペットホテルに入る際には、別々に過ごすことが考えられます。

そのときになって、大きなストレスを抱えるよりは、今から徐々に慣れていけると良いかと思います。

そのための練習として、クレートに入ると、おやつがもらえる、特別な玩具が貰える、などといったご褒美があると良いですね!

 

クレートに慣れ始めたら、静かにしている時間を延ばしたり、わざと持ち上げてみたり、同居犬がいれば、遠く離しても落ち着いていられるか、みてみましょう。

クレートに入って落ち着くだけでも大変ですが、色々な刺激を加えていくことにより、ちょっとやそっとの刺激では、吠えなくなります。

 

しかし、それにはやはり前提があります。

吠えてしまう原因に対して、強い恐怖心がないことや、運動をしてエネルギーの発散が出来ていることが必要になってきます。

 

人と同じように、エネルギーがたくさん余っている状況だと、ちょっとしたことでイライラしてしまったりすることがありますが、それを解消するには、運動が一番です!

 

日本では、マンションで犬を飼える所が多くなってきましたが、それゆえの悩みや問題が出てきました。

それを解決するには、周りの方の協力も必要です。

犬がうるさく吠えていたら、その原因は、掃除機やドアの開け閉めなどの、生活音かも知れません。

子供の声かも知れません。

他の犬の吠え声かもしれません。

 

うるさくて迷惑かもしれませんが、ご近所さん同士仲良く、自分たちの生活を守れるよう、寄り添って生活して欲しいと感じます。

犬も人も、安心して、穏やかに過ごせる社会、素敵だと思いませんか?

そのお手伝い、ドッグトレーナーとして、協力します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Message