お座り片足上げ

おはようございます!まだまだ寒いですね。

ですが小川、冬のキンと冷えた空気、大好きなんですよ♪

 

さて、昨日は川口市で出張ドッグトレーニングにいってきました。

トイプードルのKくんのトレーニングですが、お家にお伺いしたとたん、ママさんが困った顔で、「今朝、遠吠えし始めたんです!」と。

生後6ヶ月。小川は「きたか・・・。」と思いました。

警戒心が強く出始め、お家にも慣れ始めた頃だと思うので、少なからず吠えが出ると思ってました。

ですが、よ~く話を聞き始めてみると、「いつもと違うことがあったからでは?」という考えが上がりました。

簡単に説明すると、いつもの時間にママさんがいなかった。という話になりました。

 

犬には平日も祝日も日曜日もありません。

ですから、人が考えるように「今日は休みだから、寝かせてよ~」という訳には、いきません。

というか、「今日は休み」という概念があるのでしょうか?

たぶんないと思います。

ですので、出来るだけ犬に吠えさせないように、同じ部屋で一緒に寝てあげたり、吠えても楽しいことはないということを、教えてあげなくて犬もストレスが溜まってしまいます。

 

多くの家庭では、犬が吠えてから「うるさい!」と言ったり、閉じ込めたりします。

(実際に、小川がしていました・・・。)

そして静かになったら、大して誉めずに離れていってしまう。

そしてまた犬が吠え始める。

 

しかし、本当に犬に吠えないように教えたければ、

まず、吠えない環境を整えてあげることが大事です。

(物音で吠えるなら、それが聞こえない場所に移してあげるとか、来客で吠えるなら見えない場所に行ってもらうとか。)

そこから、吠えてしまう刺激に対して、慣れさせる。

慣れて吠えずに我慢出来たら、たくさん誉めてあげる!!!

 

この誉めるということが、なかなか出来ないんです!

何故なら、人間社会では静かにしているのが、当たり前だからです。

それを犬にも求めてしまいます。

犬は、「誰か来たよ!」 「ちょっと怖いよ!」 「ねぇねぇ、ご飯まだ~?」としゃべっているだけかもしれません。

ただ、その声が大きく、周りの迷惑になってしまうことが問題なのです。

 

ですから、完全に吠えなくなることは、HundMondでは求めません。

ですが、人の指示で静かになることを、徐々に覚えてもらい、静かにしているとご褒美がもらえる、ということをお伝えします。

そのためには、静かにしやすい環境を整え、刺激に慣れさせ、飼い主さんがいれば安心できると思ってもらえるように、トレーニングしていきます。

そして、飼い主さんにも頑張ってもらいます。

 

それは、犬を誉めることです。

先ほど書いたように、静かにしていることが当たり前なので、それを誉めるのは抵抗というか、なかなか誉めずらいんです。

小川からすると、1秒でも静かに出来たら、もう誉めてください!とお伝えします。

吠えていない時=おやつをあげるタイミング、と人の意識も少し切り替える必要があるので、ここは飼い主さんに頑張ってもらいます。

 

しかし始めは、犬も人も、うまく出来ません。

というか、どんな時が正しいタイミングなのか?が分からないからです。

ですが何度も繰り返すと、静かにしやすい場所や時間が分かってくるようになり、犬もご褒美をくれるタイミングが分かってきます。

繰り返すということは、犬をよく観察しているということです。

犬を観察すると、誉めるタイミングも自然と、分かってくるようになります。

 

今から、犬を落ち着かせてみませんか?

 

P.S 写真は、Kくんのお座りの写真なのですが、「片足が上がっちゃうんです。」とママさんが言っていたので、可愛いから載せちゃいます!

(画像が荒くて、本当に申し訳ありません・・・。)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
HundMond(フントモント)
小川 竜太郎
E-Mail:info@hundmond.com
携帯電話:090-1791-1154
FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message