ミニチュアシュナウザーKくんどや顔

昨日の夜は、川口市のミニチュアシュナウザーのKくんのトレーニングに行ってきました。

外でトレーニングしていたため、写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ママさんとパパさんにたくさん頑張ってもらいました!

 

お外では、色々なものに興奮して吠えてしまうKくん。

玄関を出たところでいつも興奮してしまうとのこと。

様子を見てみましたが、かなり穏やか・・・。

もしかして、猫を被ってる?!(笑)

 

しかし、Kくんのお家の前は、子供の声が聞こえていたりしていて、刺激レベルが相当高いことが考えられます。

でも、そんな高い刺激があっても、昨日は穏やかでした♪

聞いてみると、お家の中で少し遊んでいてくれていたとのこと。

それで少し疲れていて、穏やかになりやすかったのかもしれませんね♪

パパさん、ママさん、ありがとうございます!

 

さて、少し歩くと、ドンドン前に行ってしまうKくん。

刺激のレベルが強すぎて、外ではアイコンタクトがまだ上手く出来ません。

なので、アイコンタクトでコチラを向いてもらうのはちょっと休憩し、Kくんが前に進んでしまったら、止まる。というのを行ってもらいました。

 

その際リードをすぐに緩められるように、とお伝えし、ちょっとずつ進んでいきます。

近くの公園までをとりあえずの目標としましたが、あまり引っ張ることもなく、すぐに出来てしまいました。

 

 

近くの公園では、小川がおもちゃを投げ、それに向かって走っていくKくんが引っ張ったら、止まる。というのを繰り返し練習しました。

 

・おもちゃを投げると、もちろんKくんは楽しそうに走っていきますが、そんなときはママさんに止まってもらい、前に進めないようにします。

・それでもまだ行きたくて前傾姿勢のKくん。

・その興奮がちょっとずつ落ち着くまで、待ちます。

・落ち着いてきたら、ママさんが横にそっと立ちます。

・その際リードを短く持たなくても、Kくんはおもちゃに向かって走り出しませんでした。

・そこからさらにママさんとKくんには待ってもらい、Kくんがママのことを見たら、「よし!」と言って、おもちゃに一緒に走っていく。

 

これを繰り返してもらったのですが、始めは小川の説明が下手くそで、ママさんを混乱させてしまいました・・・。

ママさん、申し訳ありません!

 

次回は、もっと丁寧にお伝えしつつ、チャイムにママさんが反応してしまうと、Kくんも一緒に吠えてしまう、という困った癖を変えられるように、頑張ります!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message