グレートデーン

世の中はGW終盤!

皆さんは、どこか素敵な場所にお出かけしましたか?

 

さて!昨日の続きで、「うちはもう成犬(7才)なんだけど、治るかな?」です。

 

実際、1才でも13才でも大きく変わらないのですが、治るかどうか?という観点からお答えすると、

『治らないと思います。それに治さなくて良いと思います。』と答えさせていただくことがあります。

 

なんだって?!

まず第一に、犬の吠えは、問題行動と捉える方が多いですが、それは人からみた場合です。

昨日説明したとおり、知らない人が来たら、警戒して吠えるのは当たり前ですし、それが出来ないと、生物としては、実はおかしいんです。

だって、得体の知れないものが側に来たとき、「どうぞどうぞ♪」と迎え入れたら自分の命が危ないじゃないですか!

 

確かに人から見て問題行動であるため、「治したい!」と思う方はいらっしゃると思いますが、

それは病気ではないので、治せませんし、個人的には治す必要はないと思っています。

 

こうやってブログで書くと、本当に語弊があるのでなかなか難しいのですが、犬にとって吠えることは正常な反応(行動)です。

つまり、問題行動ではありません。

ですが、やはり人間社会で吠えられ続けると、困ってしまうのが現状です。

 

だから、治したい。

でも、病気じゃないから治すという概念ではない・・・。

しかも、HundMondでは、治さなくて良いと言う・・・。

どういうこっちゃ!となりますよね!

 

HundMondでの考え方はこうです。

犬が吠える→飼い主であるあなたが、「静かにしてね♪」と言ったら、すぐにやめる。

これが出来れば良いじゃないかと思います。

シンプルで良いと思いませんか?

 

「それが出来たら、苦労しないよ!」

そんな声が聞こえてきそうですね(><)

ですが、それが1つの答えだと思っています。

 

犬が吠えてしまうのは、普通の行動。

でも、それがずーーーーっと吠えているのが、人としては困ってしまう。

(むしろ犬だって、相当ストレスがかかっているはず・・・。)

でも、1度吠えただけで吠え止んだら、どうでしょうか?

そんなに困らないですよね?

チャイムが鳴ったことに対して教えてくれているようなものなので、むしろ有難いかもしれません。

 

では、どうやって犬の吠えを止めさせれば良いのでしょうか?

それは・・・。

 

 

 

 

 

 

申し訳ありません!

ブログではお伝えできません!

 

「おいおい、ここまで引っ張っておいてこれかよ・・・。」

と思うかもしれませんが、ちゃんと理由があります。

それは、どんな家庭でも上手くいく方法、そんなものはないからです。

(あったら、逆に教えて欲しいくらいです。)

 

効果的な方法は、犬やそのご家庭によって変わります。

 

実際、同じ『吠え』という行動に悩んでいる飼い主様に、

Aという飼い主様には①というアプローチの方法を、

Bという飼い主様には②というアプローチの方法を、

Cという飼い主様には③というアプローチの方法を、お伝えしています。

 

何故、通り一遍等のやり方を伝えないのか?

その家庭によって、犬も違えば人も違いますし、それぞれ性格も体格なども違うからです。

さらに言えば、犬との関係性が全く違うからです。

それなのに、同じことをお伝えして、上手くいくとは到底思えないのです。

 

だからこそ、ブログではお伝えできません。

お伝えすべきではないと思います。

 

「でも、本当に吠えで困っているんです・・・。」という方もいるかと思います。

どんな時にあなたの犬は吠えてしまいますか?

それを、今どうやって止めさせていますか?

吠え止まないのであれば、いつも吠え続けていますか?

穏やかに過ごしているときは、一時もないですか?

それを誉めることは出来ませんか?

 

そして、そこまで困っているなら、お近くのドッグトレーナーに今すぐ問い合わせてください!

きっと、力になってくれますから!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message