Rくんアイコンタクト

昨日、引っ張りをさせないよう、ヒールウォークの練習をしているRくんの話をしました。

Rくんの練習方法は、ライトを使ったものです。

人の横を上手に歩けたら、ピカっと光り、おやつがもらえるのです。

その詳しい練習方法です。

 

①おやつを左手に持ち、Rくんの鼻先の高さで構え、真っ直ぐ2~3歩歩く。

②Rくんがついてきたら、ライトをピカっと光らせ、おやつをあげる。

この前のトレーニングでは、ここまでやりました。

その後、お座り待ての練習もやってしまったので、短めですが、1回のトレーニングは5分くらいで大丈夫です。

 

③おやつを持たずに、真っ直ぐ歩き、上手く歩けていたら、ライトをピカっと光らせ、おやつをあげます。

④真っ直ぐが出来たら、今度はRくんを内側にしながら曲がり、同じようについてこれたら、ライトを光らせ、おやつをあげます。

⑤次は、Rくんを外側にしながら曲がり、ついてきたら、ライトを光らせ、おやつをあげます。

 

文章で書くと長くなってしまいますが、実はRくん、なんとなく出来ていました!

しっかりと「姉ちゃん!見てるよ!」と言わんばかりに、アイコンタクトもバッチリでしたしね!

ですが、犬に理解させ、自信を持たせるにはやはり、反復練習が一番です。

 

しかし注意したいのは、同じレベルを何度もやりすぎないことが、重要です。

なぜなら、犬も飽きるからです。

同じ時計回りなら、小さく回ったり、大きく回ったり、わざとゆ~~~っくり歩いたりして、

人がどんなペースで歩いても、横を歩けば楽しいことがあると、理解させてあげましょう!

 

ところで、

「小川って、クリッカーを使ったトレーニングじゃなかったっけ?」

「なんでライト???」

と思った方、HundMondファンですね!

嬉しいです!♪

ありがとうございます!(^^)

 

実はRくん、耳が聞こえないのです。

なので、音で「それ正解だよ!」と伝えるのではなく、光でお伝えしています。

初めのうち、飼い主さんは使い方が上手ではありませんでしたが、(Aさん、ゴメンナサイ・・・。)

何度も使うと慣れるものですね!

今では、小川よりライトを使いこなしています!

 

HundMondでは、飼い主さんだけでなく、犬にも合わせたトレーニングをご提案しています。

あまり叱りたくない、優しく教えてあげたい、というあなた。

そんな思いがあるのなら、クリッカートレーニングがオススメです!

次回は、「クリッカートレーニングって何?」を、お伝えします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message