犬ぞり

by:Alaskan Dude

昨日の続きです。

吠えることなく、落ち着いて過ごすには、どうすれば良いのでしょうか?

 

答えは簡単。

いつもトレーニングしているママさんと、

同じように接したり、トレーニングすれば良いのです。

 

ですが、それが難しいのです。

と言っても、ママさんが特別難しいことをしているわけではありません。

 

①Hくんが吠えたら、部屋を出て行って相手にせず、

静かになったら、褒めにいく。

 

②ピンポンで吠えてしまった時は、抱っこしてママさんと一緒に、

何の音なのか?誰が来るのか?その時、どうすれば良いのか?を学んでいます。

 

この二つです。

①は、大抵甘えて吠えてくる要求吠えで、

②は、警戒吠えの様子が伺えます。

対応がまるで違うので、自分で判断がつかない方は、お近くのドッグトレーナーにご相談下さい♪

 

息子さんやパパさんが帰ってきた際の吠えは、①の要求吠えです。

ですから、相手にせず、静かになるまで、待てば良いのですが・・・。

 

いつも一緒にいるママさんと違って、Hくんと関わることの出来る時間が、

帰ってきてからの夜の時間しかないのです。

そうなると、帰宅時に甘えさせてしまうのは、非常によく分かります!

 

分かるのですが!

そのことが原因で周りの方から色々と言われてしまうのは、ママさんなのです。

それは困ってしまいますから、是非息子さんやパパさんに実践して欲しいのですが、

ママさんの話だと、上手くいかないようです。

 

なので、今回は苦肉の策で、ビターアップルを使うことにしました。

ママさんとならしっかりと落ち着けるのに、ビターアップルを使うことは、

正直嫌です。

 

ですが、一番関わりの深いママさんが、Hくんとの暮らしの中で、ストレスを抱えてほしくありませんし、

何よりHくんに、吠えれば自分の要求が叶うと思って欲しくありません。

 

 

さて、ビターアップルを使った成果は、どうだったのでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:080-2156-2900
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message