待てのレベルアップ

昨日の日曜日、写真のHくんのトレーニングに行ってきました。

実はとってもすごいことが起きたんです!!!

 

『待て』が、ものすごくレベルアップしたんです!

前回、初歩的なことはお伝えしました。

手の合図を出して、1秒でも待てたら、クリッカーを鳴らして、ご褒美を与える。

その時間を徐々に延ばす。

それだけでした。

 

ですが、今回のトレーニングで、別人(犬)のように、変わっていました。

今回のトレーニングでは、待ての合図を出し、Hくんの周りを回るのですが、まさか始めての一回目で、出来てしまうとは!

その後、逆周りでも出来るか?手を叩きながら出来るか?普段通り歩いても、出来るか?

全てクリアです!!!

 

 

待て①待て②待て③待て④待て⑤待て⑥待て⑦

ここまで出来てしまうと、逆に教え甲斐がない・・・。

 

そこで、フローリングでは、お座りがなかなか出来ないHくんのため、マットを取り外してしまいました。

そうすると、滑ってしまい上手くお座り出来ず、すべる事が気になるのか?待ても、途端に出来なくなってしまいました。

 

こんな時は、レベルをものすごく下げ、簡単に出来るところから、徐々に難易度を上げていきます。

今回のHくんの場合は、お座りしたら、クリッカー、を3~4回繰り返し、待ての合図を出し、1秒待てたら、クリッカー。

少し時間を延ばし、クリッカー。 横に一歩動き、待てたらクリッカー。

などと、かなり細かく段階を分けました。

こうすることで、犬に自信を持たせることが出来ます。

 

Hくんが、苦手なのは、フローリングの上で、人が離れたり、横に動いたり、後ろに回ったりすると、待てが出来なくなってしまいます。

ですから、そこを集中的に練習すれば、徐々に出来るようになってきます。

そうすれば、多くの刺激に満ち溢れている屋外でも、待てを伝えやすくなります。

 

いつでも、どこでも、誰が行っても、出来るようにならなければ、意味がありません。

ですから、こまめに難易度を上げ、苦手なところをなくし、ドンドン得意にしていくことにより、落ち着いて待てができる、カッコイイHくんになります。

これからも、頑張っていこうぜ!

 

P.S

甘咬みに悩まされていたママさん。

しかし、犬が変わったかのようなHくんは、噛む回数が減ったり、噛む力のコントロールができるようになりました!

まだまだ油断はなりませんが、噛むと嫌なことがある、楽しいことがなくなってしまう、ということが分かったのかも知れません。

この調子で、ママと楽しい毎日を、過ごそうね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message