子供と犬の散歩

 

寒い日が続きますが、皆さん体調は万全でしょうか?

さて、先日見た光景をシェアしたいと思います。

 

それは、3~5歳の姉妹が、子犬の散歩していた光景です。

子犬はマルチーズの生後3~4ヶ月ほどかと思います。

お姉ちゃんらしき子は、リードを持ち、キックボードに乗っていました。

妹らしき子は、トコトコとお姉ちゃんの後ろを歩いています。

 

バイクで通り過ぎる、1秒ほどの時間だったので、近くには親御さんがいたのかも知れません。

ですが、小川は「怖いなぁ」と思いながら通り過ぎました。

 

色々と突っ込みどころ満載でしたが、ここでは一つ。

「子供だけで犬の散歩させんな!!!」

と、強く感じました。

もちろん、しっかりと犬をしつけていれば、子供だけでも散歩は出来ます。

しかし、小川が見かけたのは、キックボードに乗ったままリードを持つ女の子。

しかも、バスが通るような大通り。

親が近くにいない。

 

事故が起きていたら、見過ごしたことを後悔するだろうなと、思いながらその場を後にしました。

犬と子供が一緒にいるという光景は、とても微笑ましいものですが、大きな危険もはらんでいます。

・犬が突然走りだし、そのまま子供が引っ張られるかもしれません。

・そこで転ぶかも知れません。

・怪我をしてしまえば、親御さんは犬に対して、怒るかもしれません。

・妹さんは、何も出来ず、やはり泣くかもしれません。

・車道に出てしまい、交通事故が起こるかも知れません。

 

全て可能性の話ですが、これらを考慮して、親は犬と子供を守ってほしいと思います。

以下は、咬傷事故に関するブログです。

犬の散歩でも、危険があることを、知ってほしいと思います。

参考文献:

http://www.dogactually.net/blog/2013/10/post-442.html

http://www.dogactually.net/blog/2013/11/post-447.html

http://www.dogactually.net/blog/2014/04/post-525.html

 

 

これらを知っても、あなたは犬と子供を、一緒に過ごさせますか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Message