Rくん落ち着きトレーニング

トレーニングのブログの更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。

先週の土曜日は、戸田市のRくんのお宅でトレーニングを行ってきました!

 

Rくんは、お散歩中でも、犬を見つけたときでも、

人を見つけたときでも、扉を開けただけでも、

興奮して飛び出してしまいます。

 

なので、今回はおうちの中で、扉を開けても、落ち着いて行動出来るよう、トレーニングしていきます。

 

↑の写真のように、扉が開いていても、

「姉ちゃん、まだ?」というように、飼い主さんのOKを、待つことが出来ています。

このとき、特にお座りや待てといった指示は出していません。

 

どうして、このように落ち着くことが出来たのでしょうか?

方法は色々あるかと思いますが、

今回は、Rくんの行動をさえぎる方法を使いました。

どうやったかというと・・・。

 

 

 

 

 

 

扉を開けて、Rくんが我先に!と走り出した瞬間に、Rくんの目の前に足をパッと出すのです。

 

それだけ?と思うかもしれませんが、何度も行うと、徐々にRくんも考えます。

「扉は開いてる。だけど、出られない。どうやったら、姉ちゃんは出してくれるんだろう???」と。

そこで、色々な行動が出てくると思います。

 

ジャンプしたり、さらに勢いをつけて行こうとしたり、

Rくんはなかったですが、吠えてしまったりするかもしれません。

ですが、扉の向こうへは行けません。

 

そこでまた考えるのです。

「なんだ、今はお散歩行かないのか。じゃあ、良いや。疲れたから、座ろう。」などと。

 

そこで初めて飼い主さんが先に扉を出て、許可を出し、扉の向こうへ行きます。

Rくんとしては、

「やったぁ!やっとお散歩にいける!」となるのですが、今回のトレーニングでは、

扉の出たり入ったりを、何度も行いました。(Rくん、ゴメンネ!)

 

一度では覚えられないので、何度も練習します。

何度も失敗と成功を繰り返し、写真のように、飼い主さんの目を見て、

落ち着いた状態で「まだ?」と、待つことが出来ます。

 

ここまで出来たら、扉→玄関→門と、外の刺激へ近づけていきます。

「外に行きたい!だけど、姉ちゃんの指示を待たなきゃ!」と、

人のことを自発的に見てくれるようになると、

興奮してしまう、犬や人がいても、落ち着いて行動できるようになります。

 

 

「うちも、落ち着かなくて困っちゃう!」

「どんな風に足を出すの?」

「犬が早過ぎて、上手くいかない!どのタイミングで出せば良いの?」

など、ご質問などありましたら、いつでもお問い合わせ下さい♪

 

落ちついた犬と、暑い夏を、乗り切りましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:080-2156-2900
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message