さいたま市のパピヨンLくん

昨日は、夕方から道満グリーンパークでパピヨンのLくんのトレーニングに行ってきました♪

↑の写真のヒールウォーク、完璧です!

以前は気になって仕方なかった、カメラの連写音や地面に落ちている葉っぱなどには目もくれず!

パパさんと完璧なヒールウォークを見せてくれました☆

 

が、しかし!

実はこれは帰り際の話。

テンション高めのトレーニング開始時は↓こんな感じでした。↓

 

「おもちゃがある~!行きたい~!」でも・・・。

 

「行けないや。じゃあ、ママのところに行こう!何か、良いものある~?」

 

「それ?なら良いや・・・。」芝生の匂い嗅ぎに戻るLくん・・・。

 

さて。どうしてLくんは大好きなママさんのところに、一度は戻れたのに、再び匂い嗅ぎを選択してしまったのでしょうか?

 

ママさんに「どうして今、おもちゃで遊ばなかったか、分かりますか?」と問いかけると、すかさず。

「楽しそうに遊ばなかったから・・・。」と。

 

さすが!

しっかりと原因は分かってらっしゃいました♪

そしてそれは、僕が問いかける前から分かっていたであろう、パパさん。

 

それに小川が気づいたのは、ブログを書くため、写真を編集している時。

編集したこれらの写真には写っていませんが、ある瞬間から笑いが止まらないパパさんの姿が!(笑)

「それじゃあ、Lは楽しくないだろ~。」と思っているであろう、笑い顔が見られました。

(「この写真の原本をママさんにメールで送ったら、2人で楽しくケンカするかなぁ?」とひそかに考えている小川。)

 

じゃあ、遊び上手なパパさんなら上手くいくか?!と試してもらったところ、始めのうちは楽しそうに遊んでいたLくん。

しかし、徐々に地面に落ちているおもちゃに近づくと・・・。

 

あの遊び上手なパパさんでも、おもちゃの誘惑に負けた!!!

 

何故おもちゃの誘惑に負けてしまったのか?

理由は色々とあるかと思います。

 

・誘惑となるものとの距離が近すぎた。

・いつも遊んでいるようなおもちゃだった。

・いつもと同じようなおやつだった。

・そもそも、遊んでくれているおもちゃが好きじゃない。

・今は芝生の匂いを嗅ぎたい。

・誉めてくれるタイミングがずれた。

などなど、色々あります。

 

それらを総合的に、複合的に考えるのは非常に難しいです。

小川も見本を見せながら、言葉が上手く出てきませんでした・・・。

現在Lくんが行っているトレーニングは、非常に難しいものです。

それにも関わらず、その後ママさんと自由に芝生を歩いてもらったときには、ほとんど何の問題もなく、アイコンタクトやヒールウォークが出来ていました・・・。

 

パパさん曰く、「俺、ウォーミングアップ代わりに使われた?」と。

きっとLくんの中で、遊びや匂い嗅ぎが一段落したことも影響していると思います。

ですが、なんだか小川も悔しくて、カメラにその素晴らしいトレーニング風景を撮るのを忘れてしまいました・・・。

 

ちょっと考えたのは、人だってスポーツするときの集中力と、本を読んだりするときの集中力は違うと思います。

パパさんと遊んでいるときのLくんは、楽しそうにしながらも他にも楽しいものがないか?探していたのかも知れません。

しかしその後のママさんとのヒールウォークでは、穏やかな状態をキープし、静かな集中力のようなものを感じました。

 

その日の犬の体調や天気や湿度や温度、周りの環境、トレーニングの仕方、その順番、

その前にどんな経験をしてきたのか?などなど、様々なことに犬の行動は影響されます。

常にある一定のパフォーマンスを得ようと思ったら、かなり濃密で時間をかけたトレーニングが必要ではないかと思います。

 

Lくん!これからも、ちょっとずつレベルアップしながら頑張ろうね!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message