お座り待て

先日の日曜日は、川口市のトイプードルRちゃんとヨーキーのCくんのトレーニングに行ってきました。

前回、お座り待てを頑張って覚えてもらったので、2頭同時に、しっかりと出来ました!

しかも、今までママさんの後を追いかけていたトイプードルのRちゃんは、

『待て』と指示を出してから、離れてしまっても、姿が見えなくなってしまっても、

しっかりと待てていたようです♪

 

ママさんが頑張ると、しっかりと結果が見えてきますね♪

 

ヨーキーのお兄ちゃん犬、Cくんはお散歩中、ママさんを一切見ない犬なので、

名前を呼ばれたら、アイコンタクトをとれるよう、トレーニングしました。

お家の中ではスムーズに出来ていたので、

次回、お外でどのくらい出来るか?今から楽しみです♪

 

いつも長々とお邪魔してしまう、Rちゃん・Cくん宅ですが、

今回はお暇する直前、Rちゃんが激しく吠える一幕がありました。

 

まだ1才ちょっとのRちゃん、お隣のアパートから人の声がすると吠えてしまうのです。

ですが、吠えている際、無理に止めず吠えが途切れた瞬間、名前を呼ぶと、

「ハッ!」というように、こちらを見て、クレートに戻っていきました。

 

トレーニング開始直後から、クレートに入ることを教えていたことや、

ママさんが「怖いことじゃないよ♪」とおやつをあげてきた結果だと思います。

 

 

そうでなければ、Rちゃんが吠えているとかき消されてしまうような、

小さな声に反応なんてするわけありません。

(普段の話し声よりもっと小さい、小声と言えるくらいの声の大きさで呼びました。)

 

その後もクレートで何度か吠えていましたが、

ママさんとのんびりお話しながら、おやつをあげ続けていると、

お隣のアパートから声が聞こえているにも関わらず、

クレートの中で落ち着き始めました☆

 

犬に落ち着かせたい場合、まず飼い主さんが落ち着くと、

犬も変に興奮せずに済みます。

初めはママさんも、上手く出来ないこともあったかもしれませんが、

それでもやり続けると、考えるよりも先に行動できるようになります。

 

そうすると、犬も「こうすれば良いんだ!」と自身を持つことができ、

穏やかに、落ち着いて過ごせるのです。

それまでに何度も練習が必要になりますが、

今後の10年、15年を穏やかに過ごしてもらおうと思ったら、

今練習し、慣れておき、どのように行動すれば良いのか?を犬に教えてあげると、

犬もストレスなく、のんびり暮らすことが出来ますよ♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message