雨の日の散歩

雨の日の散歩で大事だと思うのは、安全性だと思います。

たかが犬の散歩で、と思われるかも知れませんが、重要です。

 

例えば、夏場、暑いからサンダルで散歩に行くとしましょう。

ですが、外は雨。ぬかるんでいる所もあります。

貴方はサンダルなので、平気で水溜まりの中に入っていけますが、その水溜まりは安全でしょうか?

足を切ってしまうような、危険なものはありませんか?

不安定な石があり、転んでしまいませんか?

また暑いからと言って、濡れても良い服で散歩していませんか?

体は濡れれば体温は下がりますし、手が濡れていれば、リードを掴む手に力が入らなくなるかも知れません。

 

他にも、例を。

傘をさして散歩に出かけるとしましょう。

片手には傘を持っているため、空いている手は、リードを持っています。

もしくは、傘を持つのと同じ手に、リードを持っているかもしれません。

その状態で犬が突然走り出したら、しっかりと握っていられますか?

犬が車道に飛び出してしまいませんか?

貴方は犬に引っ張られ、転んでしまいませんか?

 

例を出したらきりがないのですが、雨の日は予想以上に視界が悪くなったり、人の方がいつも通りの行動を取るのが、難しい場合もあります。

また、周りから犬の散歩をしていると、しっかり分かるように反射材を使ってみたり、犬の存在が分かりやすくなるように、明るい広い道を散歩するのも良いのではないでしょうか?

それでは、どんな服装などが良いのか?

それは人それぞれなので、一概には言えませんが、やはりレインコートや長靴をはいていると良いかと思います。

他にも出来るだけ手が空くように、ウエストポーチの中に、散歩道具を入れておくと安全かもしれません。

そして、雨だからと面倒くさがらず、犬との散歩を楽しむためにはどうすれば良いのか?

それを見つけるのも、犬を飼っている醍醐味だと思いますよ。

小川の場合は、雨の日にしか食べないようなおやつを犬にも自分にも用意します。散歩中に食べても良いですし、帰ってきてから、自分へのご褒美として用意しておくのも、良いかもしれません。

そして冷えた体を暖めるためにも、お風呂にしっかり浸かり、次の雨の日の楽しみを考えます。

「次はあのおやつを用意しておこう。」

「可愛いレインコートで買っちゃおうかな?」

「あの水溜まりで、おもいっきりジャンプしてみようかな?」

などなど。

 

今のところ、人が楽しいことしか書いていませんが、まずはそれで良いんです!

人が楽しまないと、犬も楽しくありません。

雨の日だからと、とぼとぼ暗い顔で散歩するのと、明るい顔で濡れちまったぁ!と笑っているのと、どちらが犬は楽しいでしょうか?

あなたの雨の日の散歩、楽しみは何ですか?

 

P.S

どうしても雨の日の散歩の楽しみを見つけられない、雨の日は憂鬱で行きたくない。

そういう貴方は、HundMondの散歩代行を利用する価値があります。

忙しいあなたに変わり、雨の日の散歩も、代行します。

そして、貴方の犬が楽しそうな様子を伝え、貴方と犬との絆を深くする手伝いが出来ます。

 

貴方は、雨の日、ただ嫌だなぁと思いながら、散歩をしますか?

それとも、散歩代行を頼み、犬との楽しみを見つけますか?

選ぶのは貴方です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

Message