Mix犬Hちゃんクレートイン①

今日の午前中は、川口市のMix犬Hちゃんのトレーニングに行ってきました。

前日、ハウスに入っている状態で、来客がくるとどんな反応をするのか、見てみたいとメールでお伝えし、今日のトレーニングに向かいました。

 

普段なら、バイクを止める前に、すでに吠えていたHちゃんの声がしません。

お庭に近づいても、吠えている声が聞こえません・・・。

実はここで、ちょっと不安になりました。

「時間間違えたかな?それとも、誰もいないのかな?」と。

 

でも、ママさんに笑顔で迎えて頂き、安心しました!

お家に入るとさすがに、「誰?!」という感じでHちゃんは吠えてしまいましたが、お家の中でフリーでいる状態に比べると、様子が全然違いました。

 

まず、吠えるタイミング。

次に吠える声の大きさ。

それから、吠えている時間の長さ。

そして、吠えやんでから、落ち着くまでの行動が違いました。

 

順番に詳しく書いていくと、↓こうなります。

①吠えるタイミングが違う!

以前は、バイクを止める前に吠えていました!と書きましたが、本当に良く気づいたね!と思うくらい、すぐ吠えていました。

 

②吠える声の大きさが、小さくなった。

これはクレートに入っていて、それで小さく聞こえたのかもしれませんが、でも吠えるのを躊躇するような様子が見られました。

 

③吠えている時間が短くなった!

これは本当に嬉しいですね!

小川がちょっと動くだけでも吠えていたのですが、クレートに目隠しを被せてくれていたおかげで、足音を立てなければ、吠えることがありませんでした。

 

足音も、足音をわざと立てても落ち着けるよう、おやつをあげながら慣らしたら、徐々に慣れていきました♪

 

④吠えやんでからは、いつもママさんやお母様の側にいたのですが、クレートの中に入っていれば、その中でお座りしたり、伏せたりすることが出来るようになりました。

以前も、伏せていることはありましたが、そのときに小川が近づくと、すぐに起き上がる様子が見られましたが、今日は写真を撮るため覗き込んでも、穏やかでいられました。

 

ちょっと分かりづらいですが、Hちゃんが伏せている写真です。

 

この後、1時間ほどクレートに入ってもらいました。

その間、ほとんど吠えることはありませんでした。

始めは1分毎。次に3分毎。

たまにタイマーをセットし忘れていたので、厳密にはその時間通りではありませんが、それでも良いんです!

Hちゃんが吠えてしまう前に、しっかりと褒めていけることが大事なんです☆

 

今後ママさんのお友達が来ても、お客さんが話が長くなってしまっても、時々吠えていないHちゃんにおやつを投げ入れることが出来れば、Hちゃんものんびり穏やかに過ごす事ができます。

また、静かにしている時、穏やかな時に褒める、というのは難しいですが、それが出来れば、2~3時間クレートに入って穏やかに過ごす事が出来ます♪

 

トレーニング後半、小川がいる状態でクレートに入れるようトレーニングしてみましたが、どうしても後ろ足が残ってしまうため、お尻だけがクレートの外に出ている場合、それ以上下がれないように、手で抑えて頂きました。

クレートに悪い印象を持っている場合、そんなことは絶対しませんが、今日の様子を見ると、背中を「ポンッ」と押してあげるようなサポートが必要だと思ったので、このようにお伝えしました。

他の方は、絶対に真似しないでください!

 

お客さんが来てからクレートに入る、というのはまだ難しいそうなので、お客さんが来るのが事前に分かっている場合は、先にクレートに入ってもらっている良いかと思います。

また、お伝えし忘れてしましたが、クレートに入ると知らない人が来る、と覚えて欲しくないので、『クレートに入って2~30分過ごす』、ということを、一日のうち何回も出来ると一番良いかと思います。

もちろん、クレートの中で穏やかであれば、時々褒めてあげるともっと良いでしょう!

 

P.S

素敵なお土産、本当にありがとうございます!

美味しく頂きます♪

でも、ワンこんぶは、もったいなくて食べられない!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HundMond(フントモント)  小川 竜太郎  

E-Mail:info@hundmond.com  

携帯電話:080-2156-2900  

FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message