高齢者と子供と犬

前回の続きです。

前回の終わりに、犬を飼い始める前にして欲しいことがあると書きました。

それはずばり、

「あなたの健康チェック」です。

 

今現在のあなたは、

どんな病気になりやすいのか?

それを防ぐには、どんな生活習慣が良いのか?

それには、どのくらいお金や時間がかかってしまうのか?

 

また、今まで大きな怪我などをしてしまい、以前のように走ったり歩いたり、持ち上げたりが出来るのか?

その怪我のリハビリには、どのくらいかかってしまうのか?

完治しないのであれば、どのくらいの運動レベルが、自分にとって限界なのか?

 

調べるのって、面倒ですよね?

小川も面倒だと思います!

ですが、今現在の自分を体のことを知ることは、とても重要です。

なぜならHundMondは、犬の最期を看取って欲しいと、考えているからです。

あなた自身が健康でないと、犬を最期まで飼うことは難しくなってしまいますからね。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んで、「犬を飼うのって、面倒だな・・・。」と思いませんでしたか?

自分の健康状態のチェックをして、犬の面倒を最期まで見るなんて、面倒だなと思うのは、悪いことではありません。

実際、犬を飼うというのは、「成人しない子供を持つことに等しい。」と考えているので、

かなり面倒だと思います!

 

しかもまだ、飼う前にして欲しいことがあります。

それが、「犬種特性を知る。」です。

 

長くなってしまったので、次回お伝えします。

 

65歳で犬を飼う①はコチラ

65歳で犬を飼う③はコチラ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message