血圧計

昨日の続きで、小川が80歳までドッグトレーナーをしたい理由をお伝えします。

 

 

 

小川が介護の仕事をして、まだ間もない頃の話です。

その当時、介護施設で働いていた小川は、特に何を考えるでもなく、毎日を忙しく過ごしていました。

 

ご利用者様も、若い方でも、70歳以上。

たまに、60歳後半の方がいるくらいで、

「病気がなければ、楽しい人生を暮らしていただろうなぁ」と、ぼんやり考えていました。

 

しかしある時、さらに若いご利用者様が入居されたのです。

今でもはっきり覚えています。

その年は、52歳。

その当時の小川の父親と同じくらい、ということを鮮明に覚えています。

 

そこで感じたのは、何故このような施設に入所することになったのか?という疑問です。

介護するにあたって、その方の既往歴などを把握するための書類があるのですが、

それを見て、ビックリしました。

「そんなに若い人が、この病気になるんだ?!」とビックリしましたが、

それは珍しい病気でもなんでもなく、今でも多くの方が知っている、

脳梗塞という病気でした。

 

そのときの小川の考えでは、軽い気持ちではありましたが、働いているうちに、こうも考えました。

「何が原因で、この病気になったんだろう?」と。

 

色々と原因はありますが、栄養、運動、休息、そしてストレスが原因だと分かりました。

これは正直、どんな病気でも言えることですが、これらを意識していないと、

 

・なかなかバランスの良い食事が出来ず、

・定期的な運動もせず、

・仕事が忙しい、忙しいと、働きすぎて、休むことを忘れてしまったり、

・それらが重なり合って、ストレスが溜まってしまったりします。

 

 

 

自分の健康を維持・向上させようと思ったら、

今の自身の健康状態を把握する必要があります。

 

だからこそ、小川はアイスを食べ過ぎたとき、先輩介護士に迷惑をかけたことを教訓に、

白湯を飲むようにしたり、

30歳目前の最近は、青汁を飲むようになりました・・・。

それをお客様に伝えたら、

お客様には、「ジジ臭~い!」と笑われてしまいました!(笑)

 

ですが、自分の健康は、誰にもゆだねることが出来ません。

健康でいれば多くのことが出来ますが、

病気になると、出来ることは限られます。

そんなことは当たり前のことなのですが、

小川は今の健康な状態で気づくことが出来ました。

 

ですから、この状態をキープできるように、

毎日コツコツと、頑張っていこうと思います。

その頑張った結果が、

80歳まで現役のドッグトレーナー!

という目標なのです。

 

小川はドッグトレーナーとして、

可愛いトリックを教えたり、

アジリティなどを飼い主さまにお伝えするのは、

下手くそです・・・。

 

ですが、飼い主様の気持ちを理解し、ストレスを減らし、

犬との毎日の生活が、快適なものに出来るお手伝いが、出来ると思っています。

 

そのために、色々とお節介を焼いてしまったり、

お酒を飲んで、ベロベロになってしまったり、

およそドッグトレーナーらしからぬ人物ですが、

人と犬をつなぎ、健康にすることには、

誰よりも、熱意を持っています。

 

夏でまだまだ暑いですが、

こんな暑苦しい小川を、よろしくお願いいたします♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:080-2156-2900
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message