モヒカンHくん②

Kさん。

あなたがそう言ってくれるから、出張ドッグトレーナーとして、自信をもって今日も頑張ることが出来ます!

 

以前トレーニングを受けてくださったK様から、メールを何通か頂きました。

どうやってこの嬉しい気持ちを伝えようか、とても悩みましたが、「いいや!そのまま今の気持ち書いちゃえ!」と思い立ちブログを書いています!

 

 

Kさんがこうやって言ってくれるおかげで、小川は出張ドッグトレーニングを自信を持って、他の飼い主様に提供出来ています。

 

Hくんが始めの頃はご飯をあまり食べず、Kさんがとても困っていたのを、僕は誰よりも知っているつもりです。

確かに僕が作った、特製レバーケーキがきっかけだったかも知れませんが、その後のKさんの頑張りも知っているつもりです。

どれだけHくんに愛情をかけ、でもどれだけ悩んでいたのか?も知っているつもりです。

 

また、獣医師の先生に、Hくんはある病気じゃないか?と言われたときは、二人で「違うんじゃない?(笑)」と言ったことを、今のように覚えています♪

 

そのKさんの愛情や悩みに、僕がどれだけお手伝いが出来ていたのか?

寄り添って力になれたのか?

正直、そんなに力になっているとは思っていませんでした。

いつも僕が他の飼い主様に言うように、「一番頑張っているのは飼い主さん」だと思うからです。

 

つまり、本当に頑張っていたのはKさんだと思っていたから、「そんな大げさだよ!」とも思っていました。

 

ドッグトレーナーは、極端に言えば横から「あーだこーだ」言っているだけの存在です。

ですが、そんな僕の話を真剣に聞いてくれて、しっかりと応えて行動してくれて、実際ドンドンHくんの様子は変わっていきました。

ご飯も食べるようになって体重も増え、Kさんが目標にしていたセラピー犬としてデビューしたと聞いたときは、本当に嬉しかったです☆

 

しかも、始めは僕に「芸を教えてほしい」と言っていたKさんが、自分自身で考えて、クリッカーを使ってHくんに芸を教えたとメールをくれたときは、「なんだ。全然僕のこと必要ないじゃん!」と思いました。

Kさんにお伝えしたように、「僕から言えることは、もう何もありません。素晴らしい!その一言に尽きます。」

本当に、それしか言えませんし、それで十分だと思っています。

 

他の飼い主さんに最近よく言っているのは、「トレーニングが終わってからが大変だと思います。ある程度のことはレッスン中にできると。でも、そのレベルを維持しようと思ったら、トレーニングをし続けないと、維持できないですよ。だから時間があるとき、忘れないように、パフォーマンスを落とさないためには、日々頑張ってくださいね!」とお伝えしています。

 

Kさんは、僕がそんなことを言うまでもなく、実行し、さらに先に進んでいます。

トレーナーとして、それがどんなに嬉しいことか?Kさん、分かりますか?

もしかしたら、自分の手を離れることを、寂しがったり、悔しがったりするトレーナーさんがいるかも知れませんが、僕は逆です。

ドンドン悩みを解決して、ドンドンやりたいことを出来るようになって、ドンドン僕から離れて欲しいと思います。

 

なぜなら、それが犬とその周りにいる人を、幸せにすると思っているからです。

しつけがされた犬は、周りの人に迷惑をかけません。

仮に迷惑をかけてしまっても、トレーニングを学んだ飼い主さんであれば、自分で考え、解決することが出来るようになります。

そうやって犬のことをしっかりと見守り、時には助け、そして周りの人や犬に愛される犬にしてくれます。

そんな素敵な飼い主に、あなたはなっています。

 

Kさんのような飼い主さんが増えれば増えるほど、僕が目標に掲げている、『すべての人を犬好きにする』という夢が叶います。

すべての人が犬好きになれば、犬を取り巻く環境がさらに良くなります。

そうなれば、犬を衝動的に飼った結果、安易に捨てる、という選択肢を減らすことが出来るようになります。

そうなれば、幸せな犬が増えると思っています。

 

Kさん。

お礼を言うのは、僕の方です。

僕の出張ドッグトレーナーとしての、1つのターニングポイントになった飼い主さんであることは、否定しようがありません。

それだけ僕も勉強させて頂きましたし、おこがましいかと思いますが、一緒に成長できたと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします!

 

P.S

思いのたけを書いていたら、なんだか支離滅裂になってしましましたし、Kさん以外の、このブログやホームページを呼んでくださっている方には、意味が分からないものになってしまったかも知れません。

お見苦しくて、申し訳ありません!

 

Message