吠え犬シリーズを書こうと思ったのですが、今日、携帯を操作しながら車を運転する人がいたので、そのことについて、書きたいと思います。

今朝見たのは、車の運転をしながら携帯の操作をしていた人です。

それだけなら、危ないなぁと思うだけなのですが、停止線を越えたり、赤信号で進もうとしたり、左側に寄っていたり。

僕個人はとても危険だと思いました。

人を傷つける可能性や、自分が傷つく可能性があるのではないかと思います。

しかし、携帯だけでなく、犬をクレートなどに入れ固定させずに、車内を自由に動いているのも危険です。

運転中に、ハンドルを持つ人のところに行ってしまうかも知れません。

「可愛い、可愛い」と撫でれば手が離れ、事故を起こしてしまうかもしれません。

目を離し、停止線を越えてしまえば、違反切符を切られてしまいます。

犬が悪いわけでも、貴方が悪いわけでもありません。

しかし、事故が起きてからでは遅いのです。

ですから、事故が起きる前に、クレートなどに慣れさせ、安全で快適な車の運転を心がけて下さいね。

安全で快適な運転がしたい方は、info@hundmond.comへ、メールを下さい。

貴方と、貴方の愛犬の命を守ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message