雨が降って、ゲンナリしている方が多くいますが、小川は元気ですよ!

さて、先日、グレートデンを飼いたいというお問い合わせがあり、グレートデンの基本的な情報や、健康上注意して欲しいことなどの情報を集め、その方にお伝えしました。

しかし、その方は、アレルギー症状があり、一度犬や動物のアレルギーがないか、調べてみるとのこと。

その結果、犬の毛だけでなく、犬の分泌物全般に対して、大きなアレルギー反応が出てしまったようです。

そのため、グレートデンだけでなく、犬自体を飼うことを断念されました。

もっとよく話を聞くと、犬とすれ違うだけでも、くしゃみや目のかゆみが出る、というのです。

お医者様からも、犬を飼うことはおススメしないと、はっきり言われたようです。

ここで言いたいのは、犬はアレルギーが出る人がいるから飼うのは止めよう!ということではありません。

犬を飼う前に、自分の体のことを知り、家族のことも考え、そしてその後の犬のことも考え、犬を飼わないという選択があるということです。

小川はもちろん、多くの飼い主さんが、犬が好きだからこそ、犬を飼いたい!犬と関わりたい!という方が多いかと思います。

しかしその思いだけでは、人も犬も不幸にしてしまう可能性があるということを、知って欲しいと思います。

犬を飼い、その後、犬とどんな生活をしたいのか?

犬がいることで、どんなことを経験したいのか?

犬と何がしたいのか?

ドッグトレーナーとしては、飼い始める前に、色々考えて欲しいと思います。

しかし、犬が可愛いという理由で、犬を飼い始めた人もいるでしょう。

それでも、良いと思います。

犬を飼い始めて、色々してみたいことや、行ってみたい所も出来るかも知れませんしね!

ですが、今回のように、アレルギー症状が強く出てしまう方は、犬を飼う前に一度検査をおススメします。

ご家族がいる場合は、その家族全員、犬に関わる方全員に、犬に対して、アレルギー症状が出ないと分かったら、犬を飼うと良いかと思います。

犬は大切ですが、家族や自分も大切です。

どちらがより大切というわけではなく、どちらも大切ですから、どちらも幸せになるために、『犬を飼わない』という選択をあることを、理解して欲しいと思います。

犬はお金がかかります。

犬といれば、時間を取られます。

つまり、犬を飼うということは、情熱というか熱意がいると思っています。

ご飯を用意し、散歩や病院に連れて行き、触れ合い、共に遊び、愛情をかけるのです。

人の子供とは違い、犬は死ぬまで、人と一緒にいなければなりませんから。

始めはそこまで意識していなくても、そうすることが必要になってきます。

しかし、残念ながら、途中で犬(や猫など)を見放してしまう人がいるのも確かです。

見放してしまうなら、始めから飼うな!とも思うのですが、やはり飼う前に、犬のことを知り、自分のことを知り、どちらも幸せになれるよう、努力し続けることが大事だと思います。

見放せば、犬は殺処分されることが、日本では多いのが現状です。

一度家族として迎え入れた犬を、殺してしまわないよう、犬の幸せとは何か?

今の関係性で良いのか?もっと楽しいことが出来るんじゃないのか?

常に考え、ドッグトレーナーとして、精進していきたいと思います。

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message