皆様、こんばんは。 小川です。

本日は、ドッグトレーニングに行ってきました。

本日3回目のKちゃん、お散歩がとても上手になってきました。

以前、引っ張っていた交差点では、のんびりとママさんの横を歩くことが出来ていました!

お家でも、しっかりと頑張ったのでしょう。

その他にも、拾い食いがお悩みでしたが、匂いは嗅ぎましたが、声をかけたり、

かるくリードを引くと、後を追いかけるようになっていました。

そこですかさず、おやつなどで誉める!

誉めることも、板についてきましたね!

実は誉めることって難しいんです。

どうしても出来ることが出来ていると、誉めることを忘れてしまいますが、

当たり前のことが、当たり前に出来るようになるには、人がしっかりと教える必要があります。

それは、誇って良い事です!

(誉めるのが苦手な方もいるかと思いますが、それはクリッカーという道具で解消出来ます。)

クリッカー.jpg

犬にして良い事、して欲しくないことを伝えられるのは、飼い主様しかいません。

野生動物ではない犬は、飼い主様の言動を感じて、物事を学びます。

これは危険か安全か?

何をすると、誉められるのか、叱られるのか?

どうやれば誉められるのか?

それらを考え行動し、失敗したり成功したりしながら、学習していきます。

人と同じですね!

犬のしつけをする上で気をつけたいと考えているのは、

飼い主様でも出来るやり方を伝える、ということです。

(これは、アカデミーの受け売りですが、大事なことだと思います!)

ママさんが難しい顔をしていたら、言葉や例題を変えて伝える。

小川が行なってみて、やり方を伝える。

ママさんやパパさんがやっているのを見て、細かな修正を加えて、犬に対しても出来たら、「素晴らしい!」と誉める。

誉めるというと、なんだか上から目線ですが、ママさんパパさんも、困ってドッグトレーナーに相談されています。

自信を持ってもらい、犬に対して堂々と行動すれば、犬も安心し、問題行動が少なくなります。

これはとても重要です。

犬は群れで暮らす動物なので、飼い主様が頼りないと、自分で身を守ろうと、吠えたり咬んだりしてしまいます。

これは、ずっと気を張り、ストレスにさらされていると考えて良いでしょう。

これでは、気の休まる時がありません。

そうではなく、飼い主である、ママさん、パパさんがいれば、安心して、犬も堂々としていられることにつながります。

ドッグトレーナーをしていて、犬の変化もですが、飼い主様の言動が変わるのを見ると、嬉しくなります!

犬に寄り添い、犬も安心し、共に楽しい日々を過ごしていただく。

そんな未来が、Kちゃんには見えた気がします!

お家に戻ってからのリラックスポジションも、前回よりスムーズに出来ました。

おやつを食べる余裕もあり、とても驚きました!

聞くと、お家でママさんが一人で頑張ったとの事!

素晴らしい!!!

パパさんも「これくらいからなら、二人で出来そうだね」と協力していただける様子!

お二人で、協力しながら、少しづつリラックスポジションにも慣れ、獣医さんのところでも、安心して触られることになっていこうね!

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message