皆様、こんばんは。 小川です。

本日は、「高齢の方が犬のしつけで気をつけて欲しいこと③」です。

○無駄吠え

実は、犬の吠えに、無駄なものはありません。

怖かったり、寂しかったり、退屈だったり、嬉しかったり。

様々な理由があります。

吠えを治すには、まず原因を把握することが大切です。

しかし、ご高齢の方が判断するのは、難しい場合があります。

よく言われるように耳が遠くなりますので、どのように吠えているのか、判断が難しくなります。

また、視野が狭くなったり視力が低下するので、犬のボディランゲージを読み解くことも難しくなります。

更に更に、身体機能が低下することが多いので、しつけの方法をお伝えしても、体がついていかず、

それを上手く使いこなすことが出来ない場合があります。

しかし、どんな犬でも、どんな状況でも、犬に教えることは一つです。

「静かにしていると、良い事がある。」と教えるのです。

要求吠えでも、警戒吠えでも、番犬吠えでも、怖がっていても、楽しくても、

「静かにしていると、良い事がある。」と理解させます。

しかし、これを徹底するには、犬との信頼関係が必要です。

なぜなら、怖がっている犬が、身を守ろうとして吠えているにも関わらず、

飼い主であるご高齢の方が、その犬に対して、守ろうという姿勢を見せることがなければ、

犬は自分で身を守るしかありません。

そうなれば、静かになることがあまりなく、誉めることが出来ません。

怖がっているのであれば、その刺激を遠ざけたり、間に入り、犬を守るようにしましょう。

その上で、犬が静かになったら、大好きなおやつをあげたり、玩具で遊んであげると良いでしょう。

言葉で書くと、難しいように感じますが、犬の気持ちを読み取り、適切な行動をお伝えできる、

ドッグトレーナーが飼い主様にお伝えすることで、犬との関係を更に良くすることができ、

無駄吠えを軽減することができます。

吠えを治すために、関係性を改善する。

面倒だと思うかもしれませんが、そもそも、言葉の通じない犬と暮らすことは、面倒だと思うことの連続です。

それでも犬を飼い、その生涯に責任を持ち、

人も犬も幸せに暮らしたいと思う方の力になりたいと、HundMondは考えています。

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message