皆様、こんばんは。 小川です。

本日は、最近滞っていた、「高齢の方が犬のしつけで気をつけて欲しいこと」です。

○甘咬み

甘咬みとは、じゃれて咬んだり、かまって欲しくて咬んだり、など、弱く咬んだりすることです。

子犬のうちは、とても可愛く、力もあまり強くないため、多くの方は、気にしません。

むしろ、その仕草が可愛いため、その行動を無意識のうちに、「良い事」だと犬に教えてしまっていることがあります。

 

例えば、甘咬みした際、「きゃ~、カワイイ!」と高い声で歓迎してしまったり、

「痛いなぁ~、やめろよ~」と、否定の言葉を伝えるも、ニュアンスでは、全く否定していなかったり・・・。

これでは、犬にいけないことだと伝えることは難しく、逆に「もっと咬んで!」と伝えてしまう可能性があります。

 

これは、ご高齢の方にもよく当てはまります。

子犬は可愛く、優しい方は怒ることが出来ないためです。

怒っていたとしても、「○○ちゃん、ダメよ~」と、優しく諭そうとするように話しかけます。

これも、犬にはいけないことだと理解させることは難しいでしょう。

 

「いや、可愛いんだし、無理にやめさせる必要はないんじゃないの?」と思う方もいるかも知れません。

しかし、これが成長し、牙が生え揃い、アゴの力が強くなり、力加減のコントロールが出来ていないとどうでしょう?

犬に咬まれると分かりますが、咬まれると正直痛いです。

言葉で表すなら 「っ!!!!!!!!!!」 と言葉に表すことが出来ないくらいです。

 

ですが、犬に悪気がない分、余計怒るに怒れません。

では、いつ甘咬みをやめさせるべきでしょうか?

それは、「今すぐに!」です。

 

「まだ子犬なんです。」  「いつもは分かっているんです。」  「たまにしかしないんです。」

いえいえ、家族の方なら、「痛かったね~」で済むこともあるかも知れません。

しかし、ご近所さんや、散歩先の知らない子供ならどうでしょう?

かなりヤバイですよね?

ですから、「人には、歯を当ててはいけない」ということを、早いうちに教える必要があります。

これは、家族の方や、身の回りの方を守るだけでなく、その犬自身も守ることにつながるからです。

では、あまり叱ることの出来ない、優しいご高齢の方は、どうすれば良いでしょう?

『犬が咬んだ瞬間、心を鬼にして下さい!』

精神論じゃん・・・。

確かに小川もそう思います。

しかし、「咬んだら、怒られる!」ということを伝えるには、飼い主様がしなければならないことです。

社会のルールを教えるのは、飼い主様の責務と言っても、良いかと思います。

いつもは優しい飼い主様、けど、咬んだら絶対怒る!このメリハリが大事です。

 

叱ることが出来ないのであれば、「犬に咬まれたら、黙って部屋を出て行く」なども良いでしょう。

咬むと、人がいなくなる→犬は寂しい→悲しいのは嫌だから、咬まなくなる。

こういった感情の動きが犬には現れます。

しかし、叱ることも、部屋を出て行くことも、タイミングやインパクトが大切です。

そして、「咬んだら、叱る!部屋を出て行く!」と必ず、一貫性を持って、対応してください。

 

これが上手く行かないと、「あれ?今日は咬んでも怒られなかったぞ?咬むと怒られるわけじゃないのかな?」となります。

正直、これはマズイ流れです。

なぜなら、「咬んでも、叱られない時がある」ということを学習してしまうからです。

 

また、咬んだら叱るということ以上に、

咬まなかったら、しっかり誉める!これが非常に重要です!

『咬んだら、叱る。咬まなかったら、誉める。』

この二点を、しっかりと行なうことにより、犬の甘咬みを軽減出来ます。

しかし、タイミングやインパクトが大切です。

 

また、ご高齢の方で、「どうしてもどうしても、やっぱり犬を叱れない」と言う方は、ご家族の方の協力を得ましょう。

咬んだら、咬んだ相手ではなく、必ず怒る人がいると、犬に理解させることにより、

「あっ、誰を咬んでも、この人に叱られるんだ。咬まなかったら、撫でてくれるだから、咬まずにいよう!」

となり、咬む事が少なくなります。

しかし、ここで注意して欲しいのは、叱る人がいないと、咬む事が増える、という可能性もあります。

徐々に、その人自身が、叱ったり出来るよう、人も練習してみましょう!

文章だけでは分かりにくい事かもしれませんが、実際にやってみると、よく理解出来ることもあります。

その際には、カウンセリングだけでも、お問い合わせ下さい。

ご高齢の方だけでなく、もちろんどんな方でも構いません。

咬まれて困っているという方、いつでもご連絡をお待ちしております。

 

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message