皆様、こんばんは。 小川です。

本日は、「犬を守るために(お家編)」です。

犬にとって、実は家の中はとても危険なんです。

それを踏まえた上で、皆様のお家では、どんな対策が立てられるか?

一緒にお考え頂けると幸いです。

①落下物

本日未明、地震がありましたが、犬がそのあたりの床の上で寝ていたり、休んでいると、

何か物が落下した際、犬に怪我を負わせてしまう可能性があります。

それが柔らかい布団でも、その布団から抜け出せず、その中で窒息してしまう危険性もあります。

また、重いものが落ちてくれば、人でも同じですが、骨折や当たり所が悪ければ、死に至ります。

②誤飲

これは非常に多いので、気をつけて頂きたいと思います。

よく知られている、玉ねぎやチョコレートなどは隠したり、届かない場所に置いたりするかと思いますが、

匂いが漂っていると、そこに行こうと頑張り、思いがけない場所で怪我を負う可能性もあります。

また、串のついたままの焼き鳥、犬用の玩具、人の靴、タオル、タバコ、

人の薬、保冷剤、電化製品のコード、衣類のボタン.....などなど!

すこし考えただけでも、たくさんあります!

「家の犬は今まで、誤飲したあるけど、病気になったことないから大丈夫!」と思っている飼い主様、よく考えて下さい。

人と違い、消化能力が高く、腸も短いため、問題なく排泄されることも、正直あります。

しかし、それに甘え、誤飲を防がないという選択は、絶対にしないで下さい。

犬も年を取れば、消化能力も落ちますし、飲み込む力も落ち、

飲み込もうと思った物が、喉につかえ、窒息する危険性があります。

是非、お家の中を見回し、万が一誤飲してしまっても危険がないように、お家の環境を見直し、安心して毎日を過ごして下さい。

③温度

最近暖かくなり、活動しやすくなりましたね!

しかし、人より体温が高い犬(平熱37.5~39℃前後)は、暑さに弱いです。

つまり、人より熱中症に罹りやすいといえます。

また、人のように、発汗して熱を下げる能力はあまりなく、舌を出して、体温を調節します。

また、冷たい地面にペタッと腹ばいになったり、水の中に入って体温を下げようとしたりします。

今は、犬用の冷却シートなどが売られておりますので、是非活用してみて下さい。

しかし、真夏はそれでも暑いので、エアコンをつけ、快適な環境を提供してあげて下さい。

④転倒

「犬って、犬同士で遊んでるとよく転ぶよね~」

そんな話を聞いたことがあります。

確かに、転げまわることはありますし、人より、痛みに対して鈍感とも言われます。

しかし、痛くないわけではありません。

爪先はちょっと踏むだけでも、高い声で鳴きますし(実際に試さないで下さいね!)、

固いものに当たったり、強く叩けば痛いのです!

ですから、柔らかい地面(土や草)の上ならまだしも、固く滑りやすいフローリングの上での転倒は、十分お気をつけ下さい。

そして、今は階段をスムーズに上り下りできる犬でも、足を踏み外したり、滑る可能性もあります。

そうなれば、高い所から落ちるのと変わりありません。

骨折や脱臼、脳震盪を起こしてしまうこともあります。

⑤脱走

屋外で飼っていても、室内で飼っていても、犬が現在どこにいるのか?いつも把握して下さい。

退屈そうにしていないか?リードはかじっていないか?

うろうろと、当たりを見ていないか?外につながる、ドアの方を気にしていないか?

犬がリードをつけず、外に出たら、どんな危険があるかは、お分かりかと思いますが、

車やバイクなどとの接触事故、人や他の犬へ噛み付いてしまう可能性、

外に落ちている物を食べてしまい病気になる可能性、高い所から落ちて怪我をしてしまう可能性など。

万が一、外に飛び出してしまっても、その動きを抑制できる、「待て」や、

呼び戻しができる「おいで」などのしつけを行い、そこから、素晴らしい関係性を築いてみて下さい。

⑥破壊

皆様の犬は、机や椅子の脚を噛んでしまったり、電化製品のコードを齧ったり、

机の上に乗って、お皿などを割られてしまったことはありませんか?

また、噛んだりしなくても、床の上でおしっこを何度もしてしまうと、フローリングが痛むことがあります。

さらに、大事にしている衣服を噛まれてしまったり、破かれてしまうと、元通りには治すことは難しいかと思います。

電化製品のコードを噛んで、感電してしまうことも危険ですし、

カーペットなどを千切り飲み込んでしまうと、開腹手術で取り出すこともあります。

犬の身を守ることも大切ですが、衣服のように、人が大切にしているものも、あります。

人も犬も、楽しく快適に過ごせるよう、一度お家の中の環境を見直してみませんか?

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message