梅雨は・・・、あの天の恵みはどこへ???

さて、小川のくだらない独り言は放って置いて、

本日はトイレトレーニングの方法をお伝えしようと思います。

「家の犬は、完璧だよ!」という方は、素晴らしい!そのまま、正しい場所でトイレが出来たら、犬を誉めてあげて下さい!

では、トイレが完璧に出来ていない、上手く教えることが出来ていない方へ、お伝えします。

まず始めに、トイレを作ってください。

「はぁ?そんなのは、もうとっくにあるよ!」という方もいるかも知れませんが、本当にそこはトイレでしょうか?

人にとって、排泄する姿は見られたくないですよね?つまり、囲われた空間があるかと思います。

人のトイレのように、完全に見えなくする必要はありません。

サークルや柵などで、トイレとなる場所を囲うことから始めてみましょう。

(ちなみに、排泄している瞬間は無防備です。ここなら安心!という場所を作ってみましょう。)

次に、囲った床の上に、トイレシートを、全面に敷き詰めます。

「トイレシートが、もったいないよ・・・。」と思うかも知れませんが、始めから上手く行くのなら、誰も困りません。

僕が子供の頃、父親のトイレの真似を、初めてした時、盛大に失敗しました!

想像通り、床におしっこが跳ねまくったのです・・・。

その後母親が、何も言わず掃除してくれたのを見て、「やっちまった・・・。」と思いました。

けど、的が小さいよ!とも思いました。

まぁ、実際はコントロールするのが下手ということもあったのですが、犬も初めから、正しく排泄できる訳ではありません。

ならば、正しい場所と方法を教えてあげれば良いのです。

つまり、トイレを囲い、全面にトイレシートを敷き詰めることにより、その囲いの中であれば、失敗出来ない環境にするのです。

これが出来たら、今度は犬にクレートに入ってもらいます。

クレートとは、その中で犬がお座りでき、クルリと一回りでき、横になっても足が窮屈にならない、『犬を持ち運ぶための道具』を言います。

その後、クレートをトイレの囲いの近くに移動させ、トイレの囲いの中へ誘導します。

囲いの中へ入ったら、扉を閉め、排泄出来たら外に出し、ご褒美をあげます。

これを繰り返すと、「この中で排泄すると、外に出してもらえて、ご褒美も貰えるんだ!」と理解するようになります。

この際の注意点ですが、トイレの囲いの中で排泄しないようなら、一度遊ぶなり、水を飲ませたり、別の行動を取ってみてください。

膀胱内に尿が溜まっていないなら、いくら待っても、排泄する訳がありませんからね。

ちなみに、犬の排泄のタイミングは ①寝起き後 ②運動後 ③食後 です。

このタイミングを見計らい、上手にトイレの囲いに誘導し、排泄が成功したら、外に出し、ご褒美を与えて下さい。

別の場所(1階なら1階の、トイレの囲い以外など)で排泄してしまったら、怒ることなく、速やかに掃除をしてあげて下さい。

トイレの囲い(正しい場所)で排泄すると楽しいことがある!

別の場所で排泄すると、なんだか黙って不機嫌な顔で、掃除している。

そんな風にメリハリをつけると、犬はどちらが得か理解します。

犬にとって、どう考えても得なのは、前者の正しい場所である、トイレの囲いの中で排泄する方です。

「いや!分かっているのに、家の犬は、わざと別の場所で排泄するんだ!」という方、一度ご相談下さい。

本当に理解していて、別の場所で排泄するようなら、飼い主である貴方との関係性が、上手くいっていない可能性があります。

犬は社会性の高い動物です。

長時間何もせず、一人でいて、トイレを間違えると、「なにしてんの?!こっちでしょ!!!」と人から怒られる(注目を浴びる)。

これでも、嬉しがってしまう犬もいるのです。

無視されるより、怒られても注目を浴びたいのです。

本当にトイレを理解しているのに、トイレの場所を間違えるという方、本当に一度、近くのドッグトレーナーにご相談下さい。

どのトレーナーも、犬と貴方の幸せを、願っています。

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message