台風が近づいています。

避難勧告が出ていなくても、危険だと思ったら、逃げてください!

さて、先日、5コマンド(お座り、伏せ、待て、おいで、ついて)が完璧に出来ていると、問題行動がなくなるとお伝えしました。

本日は、お座りをしてみましょう!

「そんなの簡単だよ!」 「いつも家でやってるしね~」

甘い!!!

アイスのように甘いです!

言葉一つで、ハンドシグナル一つで、貴方の犬はお座り出来ますか?

それもいつでも、どこでも、誰がやっても、出来るでしょうか?

ご飯の前だけでなく、おやつがなくても。

他の犬が近くにいても、大嫌いな雷が鳴っていても、「お座り」と指示されたら、貴方の犬は、お座り出来ますか?

これって、本当に難しいんです。

人に置き換えてみるとどうでしょうか?

小川は歌が下手なのですが、たまに音程通り、声がでることがあります。

ですが、それはカラオケルームの中だったり、バイクで走りながらだったりします。

(自己採点なので、上手く歌えたつもりですっ!)

ですが、いつも上手く歌えるわけではありません。

当たり前です。プロではないのですから・・・。

犬も同じだと思いませんか?

家の中で2~3回上手く歌えたからといって、誰の前でも上手に歌えるわけありません。

お座りが偶然できても、それが完璧に出来るようになるには、やはり練習が必要です。

まず、お座りさせるには、おやつを持った手を、犬の鼻先から犬の眉間の方へ、ゆっくり動かしていきます。

犬が見上げるようにおやつも持った手を追うと、自然と犬のお尻が下がり、お座りの姿勢となります。

お座りした瞬間、おやつをあげると「お座りするとおやつがもらえるんだ!」と理解します。

ここから、言葉を教えても良いですし、ハンドシグナルを教えても構いません。

必要なのは、回数です。

どんどんお座りをさせ、お座りをスムーズに出来るようにします。

そこから、場所を変えたり、他の犬がいる状況でやってみたり、他の人が指示してみたり、

バランスの悪い所でやってみたり、指示する人が、椅子に座ったまま指示を出したり、後ろを向いている状態で指示してみたり などなど。

色々なシチュエーションで、お座り出来るようにします。

さて、ここまでお伝えしたのですが、このトレーニングをする飼い主様は、あまり多くありません。

何故なら、つまらないからです。

地味ですしね・・・。

ですが、お座りできると、犬が落ち着きやすくなります。

散歩中、お知り合いの方とお話するとき、ちょっと待って欲しい時、お座りさせると犬も楽に過ごせます。

さぁ、貴方もお座りさせてみましょう!

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message