熱帯夜・・・。小川が嫌いな言葉です。

さて、貴方の犬は、散歩の時、引っ張らずに歩くことが出来ますか?

もしくは、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ~。と、ジグザグに歩くことはありませんか?

「匂いを嗅いだり、人より歩行スピードが速いから、別に悪いことじゃない。」

そう思う方はどのくらいいるでしょう?

でも、すこし考えて見ませんか?

ジグザグに歩くと、後ろからくる自転車や人の迷惑になります。

常に引っ張っていては、犬の首に負担がかかり、ストレスが溜まります。

なので、人の横を歩くことをおススメします。

事故に合わず、合わせず、犬が行儀よく人と歩く。

上手に歩くことが出来たら、広場についたら、ロングリードで遊んであげるなどと、メリハリをつけて遊んであげると良いかと思います。

そして、完璧なヒールウォークが出来るなら、リードなんていらなくなります。

(今の日本では違法なので、必ずリードはつけてお散歩してください!)

リードオフでのお散歩、想像しただけでも素晴らしいですが、ヒールウォークや昨日のリコールが出来ていない人は、絶対に行なわないで下さい!

さて、トレーニング方法ですが、

①おやつを手に持ち、犬の鼻先に持って行き、そのまま真っ直ぐ歩く。

②2~3歩歩いたら、おやつをあげる。

③反時計回りに曲がる→おやつ

④時計回りに曲がる→おやつ

⑤8の字に曲がる→おやつ

とステップアップしていきます。

注意して欲しいのは、外や玩具を床にいくつも置いたりしても、出来るようにトレーニングして欲しいということです。

散歩は外で行ないます。

色々な誘惑がありますので、どんな状況でも出来るように、ヒールウォークが出来るように、トレーニングをしてみて下さい。

貴方の側であれば、安全で楽しくて、面白いことがあると、犬が知っていると、ヒールウォークが上手く行きますよ!

トレーニングの過程で、上手き行かないこともあります。

しかし、トレーニングは忍耐です!

必ず出来ると信じ、犬との絆を深めてください!

 

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message