今日はお隣の戸田市で花火が上がります!

花火が苦手な犬は、脱走したり、パニックにならないよう、気をつけて下さいね!

犬の悪い所シリーズ、第8弾!(これで最後かな?)

本日は、『引っ張る』です。

お散歩中に犬が引っ張るのは、悪いことでしょうか?

特に気にしない飼い主の方もいますが、実はストレスがかかっています。

 

自分でも試してみましょう!

首輪をつけて、リードを柱につないで、走ってみる。

たぶん、苦しいはずです!

 

同じように犬も苦しいのですが、家にじっとしていることが多いと、

散歩の時間は楽しいものになってしまいます。

(そうでなくても、散歩は楽しいものです!)

そうなると、少し苦しいくらいでは、大切な散歩を中断したくないのです。

もっと言えば、人の話なんか聞かず、どんどん自分の興味のあるところに、行きたいのです!

 

ですが、人間社会は、危険だらけです。

車やバイク、自転車や歩行者、他の犬、などなど、危ないものは無数にあります。

ですから、人の側にいて欲しいのが、人の心情です。

ですが、犬は色々な所に行きたい。

けど、人の足は遅いから、前に全然進めない。

どうすりゃ良いんだ!

となり、どんどんストレスが高まります。

では、どうやってストレスを解消するのか?

玩具に噛み付いたり、人と遊んだり、家の中で走り回ったり、吠えてしまうことも、多々あります。

ですから、根本的に解決するなら、運動量を増やしながら、人とアイコンタクトを取れるようにしていきます。

人に注目すると良い事があるよ!と理解できなければ、グイグイ引っ張るのは当たり前です。

 

貴方の犬は、どんな時でも、アイコンタクト取れますか?

取れないときはどんな時ですか?

今の愛犬の気持ち、読み取れますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message