本日レバーケーキを作り、その匂いに慣れて来た小川です。

出張ドッグトレーニングHundMondでは、ドッグトレーニングに入る前に、カウンセリングを行ないます。

①電話やHPからお問い合わせを頂く。

②お伺いする日時を、話し合い決める。

③カウンセリングを行なう。

④トレーニングを行なう。

⑤次回、お伺いする日を決める。

⑥前回のトレーニングからどのように変わったか、尋ねる。(これも一応カウンセリング)

⑦トレーニングを行なう。

という流れになっております。

とくに、⑥⑦の流れを何度も繰り返しながら、犬の行動を治したり、トレーニングを修正してみたり、環境を変えてみたりします。

HundMondでは(多くのドッグトレーナーがそうだと思いますが、)カウンセリングはとても重要です。

犬の性格や行動、今までの経歴、パパさん・ママさんの犬への接し方、家の中の環境、おやつや玩具は好きか否か?などなど、

1時間以上かけて、カウンセリングを行なうことがほとんどです。

大抵は、犬の困った行動をどうにかしたいというお悩みを頂くので、それ関してお聞きすることもありますが、

HundMondでは、犬の行動だけに目を向けません。

もちろん犬の行動はとても大事なのですが、初回のカウンセリングでは、特にそのお家の雰囲気を観させていただいております。

パパさん・ママさんの言動、それに伴う犬の行動、お家の家具の配置、動線、

トレーニングするに当たり、危険はないか? どのトレーニングがやりやすいか?

犬がこう動いたら、こんな風にしてみよう!など、言葉にすると、1時間では、とても足りないくらい、

頭の中で、色々なことをシュミレーションしてみます。

話がわき道にそれて、時間がかかってしまうこともありますが、熱心に話してくれる飼い主様の話は、とても貴重です。

また、お仕事でお疲れの中、パパさん・ママさんが2時間もカウンセリングに耳を傾けてくれると、「犬の行動を治すために、頑張らなきゃ!」いう思いが、溢れます。

それに何と言っても、犬の話になると、目を細めて嬉しそうに話すのを聞くのが、一番嬉しいのです!

そんな暖かい空気を感じることも、カウンセリングでは重要だと考えています。

だって、「犬のこの行動治して!」  「(犬に向かって)こいつ馬鹿なんだよ!」  など、つっけんどんに言われたり、犬に対しての愛情が感じられないと、疑問に思います。

『この人は本当に、犬が好きで一緒にいるのだろうか?』と。

もちろん、人ですから、機嫌や体調が悪い時もあるでしょう。

上手くできなくて、トレーニング自体が嫌になってしまうこともあるでしょう。

「やっぱり家の犬は、頭が悪いのかしら?」と悩むこともあるでしょう。

ですが、変わらず、犬への愛情は持っていて欲しいと思います。

犬を良くしたいという思いは、本当だと思います。

その先には、「犬をもっと可愛がりたい!幸せにしたい!」という思いがあり、相談されるのでしょうから。

カウンセリングは、そのお家や人の雰囲気、犬の行動を観る、始めの一歩です。

犬との関係性を深め、素晴らしい絆を持ちたいと考えている貴方、

是非一度、お近くのドッグトレーナーにご相談を。

素晴らしいアドバイスを、きっとくれますよ!

HundMond(フントモント)ドッグトレーナー:小川竜太郎

Message