お客様の声

水谷ぽんすけ 水谷ベル

人に向かって吠えたりする犬が、落ち着きました!

ポメラニアンのPくんのママさんに、貴重なご意見を頂きました!

 

レッスンを受ける前は、カウンセリングに来た小川に吠え続け、

かなり興奮していたPくん。

 

それが今では、自転車に乗っている子供や、

郵便局員さんのバイクなどが通っても、

ママさんが合図を出せば、落ち着くようになりました!

 

ママさんが書いてくれたように、

Pくんへの接し方をお伝えし、

ママさんがトレーニングを頑張ってくれたからこそ、

落ち着くようになったのです♪

 

Pくんの例は本当に、よく道で見かける光景です。

何かに向かって興奮して吠えてしまう。

それに向かって引っ張ってしまう。

通り過ぎても、その興奮を引きずっている。

 

それらは、しっかりと対応することができます。

そして、吠えたり、興奮することが少なくすることができます。

 

飼い主様が変われば、犬は変わります!

そして、頑張っている飼い主さんを支えるのは、

僕らドッグトレーナーです。

 

これからも困ったことがあれば、

遠慮なくお電話ください♪

 

レッスンお疲れ様でした。

可愛い兄弟犬は、ママたちの笑顔の元(^^♪

お客様の声を書いていただいたのに、

1か月もそのまま更新もしないでいたので、

さすがに更新したいと思います!

 

お客様の声を書いていただいたのは、

ポメラニアンのPくん、Tくん飼っている、

M.Oさんです。

 

予定した8回のトレーニングを延長していただき、

現在9回目のトレーニング中!

 

次回は、ドッグカフェに行けるよう、

マットのトレーニングを行う予定です!

 

 

そんなPくん、Tくんはすごく元気いっぱい!

そしてママもパパも大好き☆彡

 

まだまだやんちゃnところもありますが、

犬はみんなそんなところがありますよね!

 

トレーニング当初は、

ママさんたちはこう思っていました。

 

「うちの子たち、本当に色々なことが出来るのかな?」

とちょっと心配していました。

 

ですがトレーニングしてみたら、ママさんたちが驚くくらい、

集中して、楽しみながらトレーニングしてくれました。

 

その様子は、ママさんのブログからも分かるかと思います♪

http://ameblo.jp/dolcena

 

 

トレーニングに終わりはありませんが、

ママさんたちみたいに、

いつまでも楽しくトレーニングしていただけたら、

ドッグトレーナー冥利に尽きます。

 

これからも楽しくトレーニングできるよう、

一緒に頑張っていきましょう☆彡

 

もともと出来る犬でしたが・・・

先日、ポメラニアンのYくんの

パパさん・ママさんから貴重なご意見を頂きました!

 

ポメラニアンのYくんは、カウンセリングの際からすでに、

しっかりとトレーニングが出来ていました。

 

しかし、色々な場面で吠えてしまうなど、

『もうちょっとのところで自信がもてない。』

そんな印象がありました。

 

お座りや伏せ、待てなどもそうでしたが、

パパやママが離れるとき、車から降りるとき、

興奮した状態でのほかの犬や自転車とすれ違うときは、

それが顕著でした。

 

しかし、本音を言うと、Yくんとのトレーニングはないと思ってました。

それだけパパさんとママさんが熱心だったので、

心配ないと思ったのです。

 

ですがトレーニングをさせて頂き、気づきました。

・パパさん、ママさんが見逃してしまう、一瞬のタイミングがいかに大事か。

・犬の本能や習性を、どんな風にトレーニングに組み込んでいくと、お互い楽になるのか?

・トレーニングや接し方に一貫性を持つことで、犬に自信が生まれる。

・それらを伝えるとき、すぐそばにトレーナーがいることが、どんなメリットにつながるのか?

 

それらを再確認でき、小川もたくさん成長できるトレーニングになりました。

 

 

もともとパパさん、ママさんのおかげで色々なことが出来るYくんでしたが、

さらに自信を持ち、パパさんママさんも堂々と接することで、

Yくんも落ち着いてきたように思います。

 

吠えが穏やかになっただけでなく、気になっていた食糞の問題も、

少し軽減されてきたようです。

 

トレーニングを積むことで、どう行動すればいいのか?という自信。

それは犬も飼い主さんも得ることが出来ます。

 

それが安定することで絆がさらに強固なものになります。

そうなれば、もっと自信がつき、もっと難しい問題にチャレンジしたり、

色々な場所へ出かけることが出来るようになります。

 

そしてさらに犬との想い出が増え、犬が大好きになる。

 

ドッグトレーニングが、

その一端を担っていたら、これ程嬉しいことはありません。

 

 

これからも是非、トレーニングを積んで、

さらに楽しいドッグライフをお過ごしください!

%ef%bd%94%e6%a7%98%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%ef%bc%88%e3%83%81%e3%83%af%e3%83%af%ef%bc%89 Jpeg

こわがりのチワワでも、パパとママの協力があれば出来る!

先日、チワワのKちゃんのパパさん、ママさんから、

貴重なご意見を頂きました。

 

こわがりなチワワだったKちゃん。

初めて会ったときは、おやつを安心して食べることが出来ませんでした。

 

また、外の物音にも吠えてしまい、

ストレスを抱えてしまっているようにも感じました。

 

ですが、パパさんとママさんが、

トレーニングをがんっばってくれたおかげで、

掃除機やチャイム、人に対して、

徐々に慣れることが出来ました。

 

アンケートに書いていたように、

社会化不足による、困った行動だったため、

時間をかけ、負担を与えず、

Kちゃんのペースでトレーニングしていただきました。

 

お仕事がお忙しい中、

たくさん頑張っていただいた結果、

怖がっていた外の物音には一切吠えなくなり、

人に対しても、心を開きやすくなってくれたように感じます。

 

Kちゃんに愛情をたくさん注ぎ、

無理をさせずにトレーニングを頑張ってくれた、

パパさんママさん、本当にお疲れ様でした!

 

ママさんと長く頑張りました!

先日、蕨市のチワワ、Tくんのママから、

貴重なご意見を頂きました。

 

まだまだ子犬だったTくんは、

ママさんの手を甘咬みしていました。

 

人との接し方も

人間社会のルールも分からず、

ママさんも困り果てていました。

 

それから、4か月ほどトレーニングし、

ママさんの努力もあり、

マットで待つことが出来たり、

リラックスポジションでくつろぐことが出来たり、

お散歩のルールも理解することが出来ました。

 

興奮状態でも、どうにか落ち着いて、

ママさんの指示に従うことも出来るようになりました♪

 

 

本当に小さかったTくんは、

みるみる大きくなり、

初めはあまり食べなかったご飯を、

モリモリ食べるまでになりました!(^^♪

 

逆に、太りすぎを心配するほどです!

 

これからも楽しい毎日を過ごせるように、

楽しみながらトレーニングし、

多くの人に愛される犬になってね!

 

Tくん、Tくんママ、

一緒にレッスン、レベルアップレッスン、お疲れまでした!

P_20161001_171407_1_BF_p-e1475397902128

吠えも落ち着いたね!

先日、草加市のダックスフント、
Kくん、Hくんの飼い主様より、
貴重なご意見を頂きました。

 

ダックスフントということもあり、
吠えにお悩みだった飼い主様。
しかもそれが、朝早い時間に吠えてパパとママを起こす、ということにお悩みでした。

 

お仕事で忙しいパパとママの、
疲労した顔が印象的でした。

 

他にも、お散歩中他の犬や人に吠えてしまう、ということもありました。

 

ダックスフントは吠えやすい。
とはいえ、大変だったと思います。

 

しかし、パパさんもママさんも、
忙しい合間を縫って、
散歩に行き、
トレーニングをし、
それを続けてきました。
最終日には、チャイムでの吠えは全くなく、
散歩では自信を持って歩く姿を見せてくれました♪

 

そして、新しいダックスフントも迎え、
より一層華やかなお家になりました!

 

きっとこれから、
笑顔の絶えない、
楽しい毎日が続くと思います。

 

一緒にレッスン、お疲れ様でした☆彡

正解!

なかなかご期待に沿えず・・・

先日、越谷市のMix犬、

Nちゃん・Cちゃんのご家族様から、

ご貴重なご意見を頂きました。

 

忙しい中、トレーニングをしていただき、

ありがとうございます。

 

物音で吠えてしまうことや、

トイレの問題などでお困りでした。

 

なかなかご期待に沿えず、

申し訳ない気持ちでいっぱいですが、

これからもトレーニングは続けてほしいと思います。

 

犬は子育てと一緒だと思います。

すぐに結果が出ないこともあり、

苦しい時期もあると思います。

 

ですが、20年を生きる犬を育てようと思ったとき、

今回のトレーニングがきっと生きてくると思います。

 

小さなお子さんのいるご家庭でのトレーニングは、

勉強になることがいっぱいでした。

 

これからまた困ったことがありましたら、

いつでもトレーニングをお伝えに行きます。

 

一緒にレッスン、お疲れ様でした。

 

いろんなことが出来るようになりました♪

川口市の柴犬、Eちゃんのパパさんママさんから、

貴重なご意見を頂きました。

 

人が好きすぎて、飛びついたり、

甘咬みをしてしまったりしていました。

 

ですが、パパとママが頑張ってくれて、

徐々に落ち着くようになりました!

 

少しずつお座りして待てるようになったり、

甘咬みすると遊んでくれない、と分かるようになり、

歯を当てないように気を付けてくれるようになったのです。

 

それだけでなく、

基本的なお座り、伏せ、待て、おいで、ついて

などがしっかりと出来るようになったのです。

 

それだけでなく、Eちゃんとパパとママとの関係性が、

さらに素晴らしいものになったのです(^^♪

 

日ごろの生活の中でトレーニングを取り入れたり、

トレーニングを組み合わせたりすれば、

さらに難しい状況でも、

普段通り出来るようになります

 

これから忙しくなるかと思いますが、

のんびりと楽しみながら、

Eちゃんとの生活が笑顔いっぱいになってくれれば、

いちドッグトレーナーとして、いうことはありません。

 

一緒にレッスン8回コース、お疲れ様でした☆彡

柴犬×甲斐犬MixTくん外でアイコンタクト

噛むことが多かった犬が、噛まなくなりました♪

川口市の柴×甲斐犬MixのTくんママから、貴重なご意見を頂きました♪

 

柴×甲斐犬MixのTくんは、前の飼い主さんのところを、

生後3~4ヶ月で離れ、今のS様のお家にやってきました。

その当初から、人の手を噛む、ということをたくさんしていました。

 

小川がカウンセリングに初めてお伺いしたのは、

Tくんが今のお家に来て、1週間の頃です。

たった1週間でも、S様の手は、傷だらけでした。

 

とっても可愛いTくんですが、その時ママさんは、「いつ噛まれるかと思うと、怖いです。」

と仰っていて、顔も暗かったです。

生後3ヶ月で、どんな犬だよ?!と正直思いました。

 

カウンセリングが終わって、どんな風に噛んでしまうのか?

試しに小川は遊んでみました。

ちょっと噛まれるかな?とおもちゃを取り出し遊んでみたところ・・・。

 

 

全然噛まない!

確かに歯がちょっと当たるけど、ぜんぜん痛くない。

むしろTくん楽しそう!

勘違いしていて、手は噛むものだという学習をしてしまったのかも知れません。

ただ、リラックスポジションなどをする際、

ちょっと拘束されたりすると、必死になって暴れたり、手を噛もうとするので、

嫌がらないよう、時間をかけていけば、大丈夫だと感じました。

 

実際、ちょっと強引にしてしまったり、タイミングが悪いと噛んでしまう事もありましたが、

そのタイミングなどもママさんたちは分かるようになり、

噛まれることは少なくなっていきました☆

 

そして、トレーニングだけでなく、おもちゃを使った遊びを通して、

ママさんとTくんがドンドン仲良くなっていきました♪

ママさんも遊び方に遠慮がなくなり、

Tくんも体がガッチリとしてきて、楽しそうに遊ぶことが出来ました。

 

ママさんは最終日に、

「ブログを見て、他のワンちゃんは、皆とってもいい子で、うちの子全然進まなくてすみません・・・。」

と言っていましたが、そんなことはありません。

Tくんほど、ママさんとおもちゃで遊ぶのが大好きな犬は、なかなかいませんよ☆

 

おもちゃで遊ぶのが大好きでも、たくさん吠えてしまったり、

良い所もあれば、ちょっと困ったところがある。

それはみんな一緒ですし、人だってそうです。

 

Tくんとママさんが一緒に、近くの公園でいつも楽しそうに遊ぶのが、ドンドン上手になり、

互いの思っていることが、ちょっとずつ分かるようになってきていたのを見て、

「Tくん、本当に良い所に来たなぁ」と思っていました。

 

初めは、信頼関係が築けていなかったTくんとママさんですが、

トレーニングが進むにつれて、絆が出来上がっていき、

しっかりと信頼関係を築けていると、感じます。

 

これから、もっと楽しい時間を共有できるように、

出来るときに、出来るトレーニングを行い、

さらに深い絆を育んでみて下さい♪

 

一緒にレッスン8回コース、お疲れ様でした☆

ミニチュアピンシャーDくんうっとり

自分一人では、分からないものです。

ミニチュアピンシャーのDくんママから、貴重なご意見を頂きました!

 

昨日、8回のトレーニングを終えたDくん。

元気いっぱいに、トレーニングを終えてしまいました♪

 

始めのお悩みは、興奮しやすいことでした。

他の犬に対して。

車に乗っているとき。

常にチャカチャカしていることがお悩みでした。

 

特にママさんが困っていたのは、車に一緒に乗ると、

色々なシチュエーションで、吠えてしまうことでした。

曲がる前にウィンカーをつける、バックギアに入れる、車が止まる、ママが車から降りる、といった刺激にすぐ反応し、

吠えてしまっていたようです。

 

しかし、ママに車を運転してもらい、実際の様子を見てみると・・・。

吠えない。

というか、寝てる。

「なんで先生がいるときだけ、そうなるかなぁ!」とママさん大笑い!

 

しかし、ママさんの運転が普段と微妙に違うことを、敏感に感じ取り、落ち着いていられたのでは?という話になり、

後日お話を伺うと、ママさんが車から出るとき意外は、穏やかにいられるようになったと☆

よく人のことを見ていますね(^^)

 

カウンセリングの時からママさんがよく口にしてくれていたのが、『一貫性』。

小川は事あるごとに、一貫性という言葉を使って、ママさんの行動をDくんに分かりやすく、

かつ、混乱しないように、と伝えながらママさんに、同じ対応を求めてきました。

 

それは、ママさん一人では気づくことが出来ないことだと、今なら分かります。

自分の行動って、録画していない限り、振り返ることは出来ませんから。

だから気づかなくて当然なんです!

でもDくんママは本当に真面目で、真剣に「私の対応が悪かったんだなぁ」と言っていました。

 

でも、違います!

トレーニング開始当初、迎えて半年の保護犬だったDくんが、楽しそうにしているのは、紛れもなく、ママさんのおかげです♪

ママさんといて、楽しいからハチャハチャしてしまったのだと思います。

そして、ハチャハチャしながらも、トレーニングはしっかりと出来ていました。

 

Dくんのトレーニングというよりは、トレーニングを通じてのルール作り、またそのルールの守り方(人も犬も)をお伝えしてきました。

その中で、出来たときは褒める、出来なかったときは何もしない、というそれだけを始めはお伝えしてきました。

 

ママさんはたまに、Dくんが上手く出来なくても、それを褒めてしまっていたのです!

正直それが悪いこととは、思えません。

ただ、長い時間の中で、どんどんDくんが、訳分からなくなってしまうのは、あまり良くはないとお伝えしてきました。

そこで基準となるのが、一貫性です。

 

ですが、先ほども書いたように、自分の行動を振り返る人なんて、なかなかいません。

ですから、所々 「そこは褒めなくてもいいです。」 「そこはもっと褒めちゃっていいですよ!」などと、

口うるさく言ってきました。

 

その結果、ママさんが穏やかにDくんに色々なことを伝え、

そんな穏やかなママさんだからこそ、Dくんもしっかりと意図を読み取り、穏やかになれたのだと思います。

 

犬のことでは、責任感の強いママさん。

あまり力を入れずに、楽しみながらトレーニングを続け、

笑顔満開のDくんのママでいられるように♪

細~く長~く、でも伝えるべきことは伝える。

そんなドッグライフをお過ごしください☆

 

ドッグトレーニングは始まったばかりです!

困ったことや分からないことがあれば、すぐに飛んで行きますので、

これからもよろしくお願いします(^^)

123