おはようございます!

先日の西武遊園地でのお写真を頂けたので、載せたいと思います!

西武遊園地①.JPG

西武遊園地②.JPG西武遊園地③.JPGなんだか、小川、ニヤニヤしてて気持ち悪いですね!(笑)

人からどのように見られているか?それを知るには、やはりこうやって客観的に見る事が必要だと思います。

犬に対しても、前かがみになっていないか?目線は結んでいるか?

人に対しては、自分の感情を出すだけでなく、相手の感情も反映しているか?

学ぶことはいっぱいで、一生尽きないと思いますが、頑張って一人前になります!

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

先日のなぜ40歳以上なのか?という理由ですが、

簡単に説明すると、40歳前後から、多くの人が健康のことを気にしだすと感じたからです。

もちろん、若い方でも健康に注意している人もいるでしょうし、「私は大丈夫!」と、不健康に暮らす人もいるかと思います。

ですが、病気がちなのと、健康なのと、貴方はどちらを選びますか?

しかも、困った犬のしつけをしつつも、健康になれるとしたら、どうでしょうか?

犬のしつけも健康な心身も、すぐに手に入るとは限りませんが、ある程度努力し続けなければ、困るのは犬であり、貴方です。

仮に人が骨折するとしましょう。

その部位によりますが、入院・リハビリ・退院・日常生活と過ごすまで、犬は放っておくのでしょうか?

ご飯は?散歩は?人との接触は?

まったくないとしたら、本当に死んでしまいます。

元気でいたとしても、急にいなくなった人から離れまいと、分離不安になってしまうかも知れません。

犬が病気になったらどうでしょう?

愛犬家なら、「ああしておけば良かった・・・。」  「もっと早く気づいてあげられれば良かった・・・。」などと、きっと後悔するでしょう。

ですが、後悔してからでは遅いのです。

犬も人も、心にも体にも大きな負担をかけないためには、両方が健やかに暮らさなければ、

犬と暮らしていて、楽しくありません。

もちろん、犬の行動で、怒ったり愕然としたりすることもあるでしょう。

ですが、それ以上に笑顔にならなければ、犬を飼う楽しみは得られません。

貴方は今、犬と過ごしていて、笑顔の方が多いですか?

それとも、イライラすることのほうが、多いですか?

イライラすることが多いなら、どうして、笑顔になれないのでしょうか?

それが犬の吠え声なら、あなたの負担を軽く出来るかも知れません。

吠えている原因を探り、解決方法を提供し、愛犬との楽しい時間を取り戻せるかも知れません。

ですが、最後にひとつ言いたいのは、犬は勝手に健康にはなりません。

犬の全ては、貴方が握っています。

食べるもの、寝るところ、運動する環境、すべて飼い主である貴方が握っています。

貴方が正しい行動をしないと、犬との関係は良くなりません。

貴方はこの先、犬と一緒に健康でいたいですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 HundMond(フントモント)
 小川 竜太郎
 E-Mail:info@hundmond.com
 携帯電話:090-1791-1154
 FaceBook:https://www.facebook.com/HundMond
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Message